« 詩経勝手読み(七)・・・庭燎 | トップページ | COMITIA100へのご来店ありがとうございました »

2012年5月 6日 (日)

原発が全て停止

閏三月十六日 【望】

 東日本大地震によって、どうやら日本列島は地震の活動期に入ったようで、しかも地震の周期からは東海・東南海・南海地震の発生も今後数十年以内にあると予想されるので原発の稼働を減らすのは国策の判断として間違っていないと思います。

 今回の福島の事故やスリーマイル島やチェルノブイリの事故から考えるに、原発は40年が寿命のようです。40年単位で経済性や安全性を考える必要があります。

 気候の変動や地殻の活動も大体同じくらいの周期で変動しています。1960年代から2000年代にかけては、世界的に人類の歴史の中では珍しいくらい気候が安定し、大規模な地殻変動も少ない時代でした、ですから日本のように自然災害の非常に多い国でも、原発を、しかも技術的に未熟な原発を稼働させることに経済性がありました。

 しかし、どうやらこれからの40年間は、気候変動の激しい40年間になりそうです。さらに日本列島の地殻は活動期に入ったと見られるので、原発の稼働を極力減らし、費用をかけてでも安全性を上げる必要があります。日本を取り巻く自然環境がこれまでの40年間とは明らかに変わったので、政策を変更するのは必要なことです。

 国民が政府の原発再稼働に反対しているのは、以上のような長期的視点が欠けており、動かせそうな所から動かしてやろうと、地元を補助金でなだめすかし、電気不足で国民と産業界を脅迫する姑息な手法を政府が使っているからです。こんなやり方では国民の反発を買うのは当たり前です。

 民主党政権に能力がないのは仕方がないとして、エネルギー当局も策がなさ過ぎると思います。事故の責任が回ってくることを畏れるあまり、目先の弥縫策に気を取られすぎて、当然あるべきエネルギー政策のグランドデザインが全く描けていません。

 一つでも再稼働できれば、あとはなし崩しに再稼働できるだろう、エネルギー政策の見直しなんて面倒なことをしなくて済むし、これまでの政策の責任も突っぱねることができそうだ、という原子力村の省益(メーカーも含めた)にとらわれて、国民と国土を危険にさらそうとしており、到底このようなやり方は認められないという国民の総意は冷静で合理的でさらに長期的に見て経済的であります。

 財政再建・金融緩和・二酸化炭素削減・原子力政策、いずれも官僚の頭が固くなりすぎています。私は日本の官僚の優秀さには疑いを懐いていませんが、現在の地球は数十年スケールでの環境および経済の変動期にあり、それに日本の官僚が対応し切れていません。古いマニュアルで対応しようとしています。

 即急な税率引き上げ・小出しの金融緩和・再生可能エネルギーやリサイクル・なりふり構わぬ原発の再稼働、これらは長期的視点の欠落した政策です。何をすればよいのか分からないから、とりあえず今できそうなことに全ての力を注ぎ込もうという考えであり、冷静さを失った政策です。

 消費税の引き上げに反対(いずれ上げることには賛成)、原発の再稼働に反対という国民の意見は、一見身勝手で定見がなくて愚かに見えますが、よく考えてみると長期的な経済性に合致していることが分かります。政治家や官僚は国民をバカにするのは止めて、日本人全体が発揮している高い見識に耳を傾けるべきです。

 日本の国策が漂流しているのは、国民が愚かだからではなく、国民は長期的に正しい判断を下しているのに、政治家や官僚がそれに対応し切れていないからです。愚かなのは政治家や官僚の方です。官僚が古い考えで環境の変化に対応する政策を作るため、政治家のやることがトンチンカンとなり、国民が怒って政治家を罰するようになり、ますます日本の中枢が意固地になって国民をバカにして古い考えにしがみつくという悪循環が生じています。

 日本の官僚は冷静になって、もっと長期的な視点で物事を考えるべきでしょう。それと自分に都合の良いことを言ってくれる学者ばかり回りにはべらすのは止めましょう。

« 詩経勝手読み(七)・・・庭燎 | トップページ | COMITIA100へのご来店ありがとうございました »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

私は、原発推進派でも原発即停止派でもありませんが、
原子力発電所は火力発電などとは異なり、止めれば安全とは思っていません。なぜならば、動いている原発も、止まっている原発も、中にある放射性物質の量は変わらないからです。

稼働中の原発に大きな地震があれば、制御棒が数秒で入ります。 福島第一原発でも同様でした。 制御棒が入れば、元から止まっている原発とほぼ同じ状態になります。そうだとすれば、原発を止めるメリットが何なのか考えさせられます。

原発の安全性を考えれば、最低限は原発を動かしておいたほうが安全かもしれない、という議論さえあるほどです。

シェイブテイルさん初めまして。

そうですね、停止中の原子炉に挿入されたままの核燃料や使用済み燃料は忘れられがちです。

地震活動が心配される地域の原発や、老朽化した原子炉を停止させるだけでなく、さらにこれら放射性廃棄物を安全な地域まで持っていかないことには、安全は確保されたことにならないと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/54643453

この記事へのトラックバック一覧です: 原発が全て停止:

« 詩経勝手読み(七)・・・庭燎 | トップページ | COMITIA100へのご来店ありがとうございました »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ