« 詩経勝手読み(四五)・・・汝墳 | トップページ | 詩経勝手読み(四六)・・・鵲巢 »

2012年9月17日 (月)

詩経陳風

詩経国風の解明も陳風までたどり着きました。残すところあと二十数篇。

 陳というのは現在の河南省南部にあったとされる国で、南国の楚と境を接していました。

 しかし私が分析したところ、陳風は殷(商)の遺民が建てたとされる国、宋の祭事詩です。陳風に出てくる宛丘とは新鄭の宛陵と考えられます。鄭は殷の都の上に町を作りました。

 詳しくはいずれ詩経の本を出すのでそれに譲るとして、その陳風には鷺の羽根を持って舞い踊るという詩があります。殷墟からは鳥を形取った青銅器が多数出土しており、殷は鳥のトーテムを信じていたのではないかという説があります。

 また衡門(横木をさした門)の周りで若い男女が歌垣をする詩もあり、前の詩が鳥に関することを歌っていたことと合わせ考えると、これは日本の鳥居に似たモニュメントを中心に、盆踊りをするような祭を詠んだ詩と考えられます。

 白鷺の踊りなど、山陰の祭を彷彿とさせます。

 陳風は古代の殷と日本の関連を窺わせる興味深い編です。

« 詩経勝手読み(四五)・・・汝墳 | トップページ | 詩経勝手読み(四六)・・・鵲巢 »

易経・春秋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/55675489

この記事へのトラックバック一覧です: 詩経陳風:

« 詩経勝手読み(四五)・・・汝墳 | トップページ | 詩経勝手読み(四六)・・・鵲巢 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ