« 公債費抜きの政府支出 | トップページ | 消費税増税の影響 »

2013年9月29日 (日)

国債と外為抜きの特別会計

今度は国債整理基金と外為特別会計抜きの特別会計の歳入と歳出を見てみましょう。

Photo_3

特別会計は黒字です。これは国債整理基金と外為特会を入れても変わりません。

2003年に郵政民営化で郵便貯金と簡易保険が抜け、2007年に日本年金機構ができて統計の連続性が途切れています。ここは後で調べて埋めなければなりません。

結局一般会計(公債除く)の赤字から特別会計(公債と外為除く)の黒字を取り除いた政府の赤字はこのようになります。

Photo_4

20年間の累計は400兆円弱であり、GDP比で80%くらいしかありません。日本政府の実質的な債務はこの程度で、特に問題がないレベルではないかと私は考えています。

« 公債費抜きの政府支出 | トップページ | 消費税増税の影響 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/58290825

この記事へのトラックバック一覧です: 国債と外為抜きの特別会計:

« 公債費抜きの政府支出 | トップページ | 消費税増税の影響 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ