« 五日市街道を行く | トップページ | 岸田秀の白人論を検証 »

2014年6月26日 (木)

国家安康、君臣豊楽

米国が在米中国大使館の住所を民主活動家の名前にちなみ劉暁波プラザと改称するそうな。方広寺の時鐘を思い出した。これは名案だ、日本も朝鮮総連の住所を伊藤博文一丁目とか、大字横田恵にしてはいかがか?

 

そして中国も負けずに、在中米大使館の住所をリトルビッグホーン、もしくはイソロクにしよう。

« 五日市街道を行く | トップページ | 岸田秀の白人論を検証 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

そして日本の中国大使館の住所は「天安門6-4」、中国の日本大使館の住所は「南京大虐殺300000番地」、韓国の日本大使館の住所は「従軍慰安婦200000番地」になるんですねw

自分が同じ目に遭う可能性を全く考慮していない無邪気さが実にアメリカ人らしいです(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/59877465

この記事へのトラックバック一覧です: 国家安康、君臣豊楽:

« 五日市街道を行く | トップページ | 岸田秀の白人論を検証 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ