« 遺伝子系統と文化は必ずしも一致しないという話(2) | トップページ | 遺伝子の系統と文化は必ずしも一致しないという話(4) »

2014年9月13日 (土)

遺伝子の系統と文化は必ずしも一致しないという話(3)

このページの地図を参照しながら読んでください。

欧州の学者はR系はインド・ヨーロッパ語を生み出した人達と考えています。けれども、ギリシャ・アナトリア半島にはR系の侵入を受けなかったのにインド・ヨーロッパ語を話すギリシャ人がいます。

 
この矛盾を解く鍵はヒッタイト人にあります。ヒッタイトは3,000年ほど前にアナトリア半島に現れた遊牧民で、強力な戦車軍団をもち、世界で初めて製鉄に成功した人達です。ヒッタイト語はケントゥム系印欧語族ではないかとされています。

現在J2が30%以上分布するのは、東からアルメニア・トルコの首都アンカラ周辺・シリア沿海部・アナトリア半島西部・ボスポラス海峡・中央イタリア・カラブリア・シチリア東部です。

アンカラ周辺はかつてヒッタイトの首都ハットシャがあった地域です。ボスポラス海峡とアナトリア半島西部にはギリシャと似た文明を持つ都市群がありました。有名なトロアはその代表的な都市です。中央イタリアはローマに先行する文明であるエトルリア文明があった地域で、カラブリアとシチリア東部は古くからギリシャの植民地がありました。

エトルリア人と古代ローマ人は自分たちはアナトリア半島西部にかつてあった都市トロイの末裔であるという始祖伝説をもっていました。古代ローマ人がJ系であるとこの始祖伝説には信憑性があることになります。

 
アナトリアより西に分布するJ系はインド・ヨーロッパ語を話す人達であり、さらにJ系ではないかと推測されるヒッタイト人が使ったというヒッタイト語はかなり古くにラテン語やギリシャ語から分離したと推測されています。
 
そしてJ2系はフランス、スペイン、英国南部に10〜20%分布しています。これはケルト人の地域です。
 
整理してみましょう。
 
  1. R1b第1陣が話していた言葉は非常に原始的なインド・ヨーロッパ語、あるいはインド・ヨーロッパ語を話していなかった可能性がある
  2. 南回りで広まったインドヨーロッパ語(ヒッタイト語・ラテン語・ギリシャ語)を伝えたのはR系ではなくJ2系の可能性が高い
  3. R1a(アーリア人・スラブ人)の故地であるカスピ海沿岸にはJ2系が住んでいる
  4. これらの事実から導きだされるのは、インド・ヨーロッパ語を生み出したのはR系ではなくJ2系であるということです。J2系はメソポタミア文明の中心になった人達です。メソポタミア文明を担った人達の言語はインド・ヨーロッパ語ではありません。

    しかし、遺伝的には近くても全く違う言語を話すことはそうおかしなことではありません。

 
  • 約1万年前にJ2系がカフカス山脈付近でインド・ヨーロッパ語を発明。
  • そのとき既にR1bは西と東に広がりつつあった。最初に出発したR1b系はインド・ヨーロッパ語を知らなかった。
  • J2とRは8千年くらい前にカフカス山脈で合体。この合体部族は遊牧・簡単な畑作・都市が融合した文明を作る。彼等は畑作と都市をメソポタミアから学んだのかもしれないし、あるいは独自に編み出したのかもしれない。
  • J2+Rが南回りに進んだのがヒッタイト人・エリトリア人・ローマ人
  • J2+Rにエジプトからの入植者(E系)が合体してできたのがギリシャ人。
  • J2+Rが北回りに進んだのがケルト人とトカラ人。
  • やがて6千年くらい前にJ2+Rの集団の中からR1a遺伝子が登場これがスラブ人とインド・イラン・アーリア人の祖先となる。彼等の間でサテム派の発音が流行して、サテム派のインド・ヨーロッパ語が生まれる。
というように整理できるのではないでしょうか。

« 遺伝子系統と文化は必ずしも一致しないという話(2) | トップページ | 遺伝子の系統と文化は必ずしも一致しないという話(4) »

古代史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/60281429

この記事へのトラックバック一覧です: 遺伝子の系統と文化は必ずしも一致しないという話(3):

« 遺伝子系統と文化は必ずしも一致しないという話(2) | トップページ | 遺伝子の系統と文化は必ずしも一致しないという話(4) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ