« 2017年2月 | トップページ

2017年3月25日 (土)

ジャータカ(十五)…さとりを崇拝する

ジャータカ(十四)…大乗仏教の萌芽にて、お釈迦様個人を敬愛し、わかりやすい説話で在家信者の教化を重視するアーナンダの流れと、世間を離れて禅定に没頭することで真理を見出そうとするサーリプッタの流れがあることを説明しました。
 
サーリプッタの弟子がそう考えたという意味です。サーリプッタはお釈迦様の一番弟子として、最大の支部があったマガダ国の教団の運営を任されていたと考えられます。のちにマガダ国で教学的研究を進めた人たちは、自らの権威づけのためにサーリプッタを持ち出したのでしょう。項を改めて説明しますが、サーリプッタはやさしく人間味あふれる人でした。カチコチの学者ではありませんでした。
 
 

続きを読む "ジャータカ(十五)…さとりを崇拝する"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

ジャータカ(十四)…大乗仏教の萌芽

ジャータカには様々な年代の説話が収録されています。お釈迦さま生前の逸話、十大弟子の逸話から、教団が強大になって王や都市の商人から保護された時代、仏教の中心が北インドのカシミールに移行した時代、おそらく前後五百年くらいの説話が収録されています。
 
その中には、大乗仏教の萌芽とみられる説話が見受けられます。ヒンズーの神々や天神がお釈迦さまに話しかけたり、お釈迦さまが超人的な力を発揮する話などです。また、アジャータサットゥ王の説話やコーサラ国のヴィドーダバ将軍によってカピラバットゥが滅びた話など仏教説話でおなじみの話も出てきます。
 

続きを読む "ジャータカ(十四)…大乗仏教の萌芽"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

ジャータカ(十三)…安産祈願

第十章の最後。これはお釈迦さまが親戚の女性の安産祈願をしたお話です。先に紹介した説話ではお釈迦さまは超自然的な力を否定していました。だからこの話は後世の付け足しとみなしたいところですが、設定の描写が詳細であるため、これは史実と考えざるを得ません。超自然的な話を否定する説話をいくつも並べた後にわざと置いてあることにも、わたしはこれに真実を感じます。これだけは本当に起きたことだ、とジャータカの著者は伝えたかったのではないでしょうか?
 
 

続きを読む "ジャータカ(十三)…安産祈願"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

ジャータカ(十二)…アイドル

第十章の二つ目。お釈迦様の巧みな比喩が出てくる説話です。しかし意味するところは深いです。
 
 

続きを読む "ジャータカ(十二)…アイドル"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

ジャータカ(十一)…苦行への態度

ジャータカの第十章に、正当な経典からは漏れたお釈迦様の逸話がいくつかまとめて載っていますのでご紹介します。まず一つ目はお釈迦さまが苦行をどう捉えていたかについての説話。

 

 

続きを読む "ジャータカ(十一)…苦行への態度"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 4日 (土)

ジャータカ(十)…占いを否定

お釈迦様の占いに対する考えが分かる説話です。私の易占いとの関わりも書きました。
 

続きを読む "ジャータカ(十)…占いを否定"

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ