2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 邇芸速日命とペルセウス座・アンドロメダ座 | トップページ | 神倭伊波礼毗古命とシリウス »

2017年10月11日 (水)

日本神話と四季の星座

神武東征神話に入る前に、天津神と四季の関係を整理しましょう。
 
これまで見てきたように、国造り神話は夏の星座、邇邇芸命の神話は春の星座、天の岩屋戸伝説は冬の星座、邇芸速日命の神話は秋の星座でした。
整理すると表のようになります。
 
 
                                                                         
星座 太陽 黄道 男神 女神
星座 星座
冬至 射手座 伊耶那岐命 蠍座 伊耶那美命
春分 ペルセウス座 邇芸速日命 アンドロメダ座 御炊屋姫
夏至 牡牛座 猿田彦 オリオン座 天宇受売命
秋分 牛飼い座 邇邇芸命 乙女座 木花之佐久夜毗売
一見してわかるように男女の神様がセットになっています。猿田彦は天津神とはされていませんが、邇邇芸命の天下りの際には、高天原と葦原中国全体を照らす神だったと記述されているので、もともとは夏至点の神様であったと考えられます。
 
さらにそれぞれの神様の神格を並べるとこうなります。
 
                                                                         
星座 太陽 黄道 男神 女神
星座 星座
冬至 伊耶那岐命 伊耶那美命 母→死
春分 邇芸速日命 航海・収穫 御炊屋姫 妻→内部分裂
夏至 猿田彦 占い・政治 天宇受売命 祭・乳母?
秋分 邇邇芸命 武力・若さ 木花之佐久夜毗売 娘・美→衰え
 
 
1)男女セットの日本の四季の神
伊耶那岐命は力強い人生の夏を表す父であり、伊耶那美命と一緒に国土と神々を生み出します。しかし、伊耶那美命は国生みの途中で死んでしまいます。伊耶那岐命は妻を連れ帰そうと黄泉の国に行きます。しかし地上に出るまで決して振り返ってはいけないという約束を破ってしまいます。可愛い妻は死んで腐って、見るも恐ろしい姿になっていました。怖くなった伊耶那岐命は伊耶那美命を捨てて逃げます。怒った伊耶那美命は、これ以降は死を司る神となります。
 
邇邇芸命は春の若々しさを表す青年の神です。木花之佐久夜毗売に一目惚れして結婚を申し込みます。大山祇命は、姉の磐長姫もセットに嫁に出しますが、外見の美しさだけにとらわれた邇邇芸命は、木花之佐久夜毗売だけ受け取って、磐長姫は実家に帰してしまいます。これによって、邇邇芸命は不死ではなくなってしまいました。
 
邇芸速日命は、秋の収穫を表す壮年の神です。邇芸速日命は国津神の長髓彦の妹を妻に持ちます。古代の身分ある人たちは、妻問婚の方が一般的でした。したがって、邇芸速日命は、国津神の長髓彦の家に婿入りしたと言えます。邇芸速日命の妻は先代旧事本紀では御炊屋姫です。御炊屋姫の神話は残っていませんが、名前の通り家を守る妻が彼女の神格でしょう。
 
国津神と一緒に大和を支配していた邇芸速日命のところに、天津神の神倭伊波礼毗古命が攻めてきます。邇芸速日命を降伏しようとしますが、義兄の長髓彦が反対して戦争になってしまいます。日本書紀では邇芸速日命が長髓彦を謀殺したことになっています。家庭を守るはずの妻の実家が、邇芸速日命の没落の原因になっています。
 
天宇受売命だけは、パートナーとの関係が曖昧です。天の岩屋戸伝説では思兼神に命じられて、満座の前でストリップショーをしています。邇邇芸命の天下りでは、邇邇芸命の通り道で通せんぼをしていた猿田彦に天照大御神の命令を伝えて屈服させます。男勝りのキャリアウーマンと言ったところです。
 
このことから、おそらく男に頼らない独身の女であること自体が、天宇受売命の神格ではないかと考えられます。彼女は恥じらいのない女性であると同時に、幼い天孫(邇邇芸命、もしくは神倭伊波礼毗古命)を守る乳母でもあります。これはおそらく原始社会の独身女性の職業であった遊女(風俗業・宿泊業・食品業)と采女(家事手伝い・官女)を表しているのではないでしょうか。
 
3)女の人生のサイクル
このように、古事記では四季の女神に女性の人生のサイクルを表現させています。
 

Kojiki54

 
伊耶那美命が母で、御炊屋姫が妻で神格が若干重なっています。しかし、伊耶那美命は家を護ってはいませんし、子育てをする前に伊耶那岐命に先立ってしまいます。逆に御炊屋姫は、子供を産む前に夫の邇芸速日命に先立たれてしまいます。伊耶那美命と御炊屋姫は裏返しの関係なのです。これは、伊耶那美命に子供を産む母の役割を強調させ、御炊屋姫に家庭を守る妻の役割を強調させるための演出です。
 
この4人の妻は、男に福をもたらすと同時に、男の裏切りによって災いをもたらす神に転じます。
 

Kojiki55

 
神格と季節のイメージがあっていない?いえいえ、それは夜の季節で見ているからです。これらの星座に太陽が来る時期を合わせると、神格と季節のイメージはぴったりになります。
 

Kojiki56

 
ほらね、御炊屋姫以外は、季節と女神の裏の顔が一致します。四季の女神が太陽神にマイナスの影響を与える役割を与えられているのは、日本の場合太陽神が女神だからでしょう。同じ性だから対立しあうのです。太陽神を助ける役割を持っているのは男神です。
 
このことから、天照大御神が女神になったのは、飛鳥時代の政治状況の反映ではなく、古来から変わっていないことであろうと私は考えます。日本の神々のヒエラルキーと相互関係は、太陽神を女神としないと、成立しないシステムになっています。これは一朝一夕で作れるものではありません。

« 邇芸速日命とペルセウス座・アンドロメダ座 | トップページ | 神倭伊波礼毗古命とシリウス »

天文と歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本神話と四季の星座:

« 邇芸速日命とペルセウス座・アンドロメダ座 | トップページ | 神倭伊波礼毗古命とシリウス »