« 三人の神武天皇 | トップページ | 神武東征と秋の星座 »

2017年10月25日 (水)

槁根津日子とカノープス

生れ故郷の日向を兄の五瀬命と一緒に出発した神倭伊波礼毗古命は、速吸門で槁根津日子(さをねつひこ)に出会います。槁根津彦はまたの名を椎根津彦(しいねつひこ)と言い、神倭伊波礼毗古命の道案内をしました。
 
豊後の佐賀関(大分県大分市南部)には椎根津彦神社があります。そして豊後と伊予の佐多岬に挟まれた海域を速吸瀬戸(豊後水道)と呼びます。佐賀関には速吸日女神社があります。私は縁あって佐賀関に何度か行ったことがあります。この地域には神武東征に関する独自の伝承が残されています。
 
速吸瀬戸の名前の通り、この海域は非常に潮の流れが速いです。有名な関サバは、早い潮にもまれて身が引き締まると言われています。そのため、航海するためには水先案内人が不可欠でした。椎根津彦は豊後水道を象徴する神様なのです。
 
 
速吸日女神社は、大分県大分市佐賀関(旧佐賀関町)では最も大きな神社です。椎根津彦神社と並んで古い歴史があります。佐賀関には神倭伊波礼毗古命が風待ちのために、船をつないだ岩が残っています。神倭伊波礼毗古命はここから、東征に出発しました。
 
この地では海底に大蛸がいて、宝剣を守っていました。この地の海女姉妹は大蛸から宝剣をもらい受けて神倭伊波礼毗古命に奉納しました。神倭伊波礼毗古命はこの宝剣を速吸日女(祓戸神、八十枉津日神)に奉り、建国を祈願したと言われています。
 
速吸日女神社では蛸の絵を奉納して蛸断ちをすれば、願いが叶うと言われています。すなわち、元々は蛸を祀った神社であったと考えられます。
 
たくさん首がある八岐大蛇を退治して、草薙剣を手に入れ、櫛名田比売と結婚する速須佐之男命の神話と共通部分があって面白いですね。速吸という地名と速須佐之男命という名前も似ているし。豊後では天津神神話と出雲神話が習合していて、研究に値するテーマです。
 
 
2)椎根津彦
椎根津彦は潮の流れが複雑な瀬戸内海では欠かせなかった水先案内人を神格化した神様であることは間違いありません。瀬戸内海の入り口である速吸瀬戸の佐賀関に、椎根津彦神社があります。創建年代が不明なほど古い神社です。
 
古事記には椎根津彦の姿の描写があります。
 
  • 亀の背に乗って、釣りをし、羽ばたくように袖を動かす(波を起こす)
椎根津彦は海面すれすれの場所にいるということになります。
 
 
3)椎根津彦=カノープス(南極老人星)
神倭伊波礼毗古命の水先案内をした椎根津彦を表す星があります。竜骨座のカノープスです。中国では南極老人星・南極寿星とも呼ばれています。
 

Kojiki63

シリウスとカノープスの位置

日本でも漁師の間では有名で、布良星(めらぼし)、横着星とも呼ばれています。千葉県の布良という土地で見えるから、あるいは海面すれすれにしか上らない横着な星だからです。南の海面にこの星が見えると海が荒れるという言い伝えがあります。季節風が強い冬に見える星だからでしょう(太平洋側が晴れるということは、冬の季節風が吹き荒れることを意味する)。
 
カノープスは全天でシリウスに次いで、2番目に明るい星です。カノープスはシリウスの南にあり、若干シリウスよりも西側にあります。すなわちシリウスの少しだけ先を進む星です。だからカノープスはシリウス(神倭伊波礼毗古命)の水先案内人なのです。
 
古事記の椎根津彦の描写は中国の仙人を連想させます。これも稗田阿礼のヒントかもしれません。中国では南極老人星を見た人は、長生きができると言われています。
 
豊後は南側が海なので、条件が良ければ海面すれすれに上るカノープスを観察することができます。瀬戸内海は南側に四国の山があるのでカノープスは観察できません。瀬戸内海でカノープスが観測できる土地は、速吸瀬戸と淡路島だけなのです。椎根津彦が豊後に祀られているのは、最初からこの神様とカノープスが結びついていたことを示唆します。
 
  • リンク先にあるように、近畿ではカノープスを淡路星と呼ぶそうです。淡路島は南が太平洋なので、やはりカノープスを見ることができます。
 
椎根津彦と蛸が佐賀関で並んで祀られているのは、海面すれすれに上るカノープスを、海底にすむお化け蛸と同一視したからではないでしょうか。椎根津彦と蛸はもともと同じ神様だったのでしょう。
 

Kojiki64

« 三人の神武天皇 | トップページ | 神武東征と秋の星座 »

天文と歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/65916317

この記事へのトラックバック一覧です: 槁根津日子とカノープス:

« 三人の神武天皇 | トップページ | 神武東征と秋の星座 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ