« 天津神神話と天体の対応関係 | トップページ | 霊樹の崇拝 »

2017年11月11日 (土)

農夫を励ます

久しぶりに「ジャータカ」です。中村元がまとめた「ブッダの言葉」(岩波文庫)の766-771偈の、前振りとなる物語です。
 
「欲望前生物語」(6-467)
 
コーサラ国の首都サーヴァッティーを流れるアチラバティー川のほとりで、一人のバラモンが林を切り開いて畠を作ろうとしていた。お釈迦さまは彼の機根(悟りに至る素質があること)を見て、町に入る前に彼のところに寄った。
 
 
「何をしておいでですか?バラモンさん」
 
「畠にするために、林を切り開いているのです。ゴータマさん」
 
「結構なことです。精を出してください。」
 
そういって師は立ち去られた。師は木が切り出されて整地されたときにも、地が耕されたときにも、畝ができたときにもやってこられて、バラモンと親しくお話をされた。そして種蒔きの日がやってきたときにバラモンは思った。
 
「ゴータマ様、今日は種蒔きの祭です。種が実ったならば、私は仏の教団に多大な寄付をいたしましょう。」お釈迦さまは承諾された。その後もお釈迦さまはバラモンのもとを何度か訪れた。
 
バラモンは「ゴータマ様はたびたびやってこられる。おそらく私に食をお求めなのであろう」と考えた、その次の日に師はバラモンを訪問した。そのバラモンは師に親愛の情が沸いたのだった。
 
さて作物が実り明日収穫しようという夜、雹が降り、大水が発生して、かのバラモンの畠を洗い流してしまった。バラモンを打ちひしがれ、立っていることができなくなって、家の中で横になって泣いていた。
 
その朝、師は、悲しみに打ちひしがれたバラモンをご覧になって「わたしはバラモンの支えになろう」と考えられた。翌日のこと、サーヴァッティーで托鉢を終えられての帰り道、師は修行僧たちを先に僧院に帰して、侍者の僧とともにバラモンの家に赴かれた。バラモンは師が来られたことを知ると「親しく話をするために友はやってきたのであろう」と考えて、気を取り直して座を用意した。師は話しかけられた。
 
「バラモンさん、どうして滅入っていらっしゃるのかな?何が不愉快なのですか」
 
「ゴータマ様、あなたは私がこれまでやってきたことをご存知です。この作物を実った時に、私はあなたに布施をしようと思って暮らしていました。しかし、大水によって私には何一つ残りませんでした。それで私は悲しみにかきくれております。」
 
「しかしバラモンさん、悲しめば失ったものが返ってくるのですか?」
 
「いいえ、そんなことはありません、ゴータマ様」
 
「それならばどうして悲しむのですか。人間の財や穀物というものは、手に入るときには手に入り、なくなるときにはなくなるものです。作られたものに不滅の物はありません。思い悩みなさるな。」と師は彼を慰めて、「カーマスッタ(欲望経、前出ブッタの言葉766-771偈)」を語られた。これにより、農夫のバラモンは聖者の最初の境地を得た。
 
師は彼の悲しみを取り除いてから、僧院へ帰られた。
 
 
解説
「ブッダの言葉」766-771偈は、欲望に人間は焼け焦がされていて、欲望がかなえられないと人間は激しく苦しむ。安楽を得るためには人は欲望を捨てなければならない。という趣旨です。
 
これだけ読むと、お釈迦さまはよっぽど欲深な人に、この教えを説いたのだろうなと誰しも思うでしょう。私もそうでした。
 
しかし、お釈迦さまは働き者で敬虔な農夫にこれを説いたのでした。ジャータカを読んで意外なことと私は驚きました。
 
人智ではどうしようもない災害に見舞われた人を励ますために、欲望を捨てろというのは逆説的な気がします。普通だったら「まだまだやれるよ」とか言ってしまいそうです。しかし、生きる意欲を失っている人に「がんばれ」というのは酷な時があります。
 
お釈迦さまは人に応じて教えを説かれたのです。
 
農夫はお釈迦さまを友と呼んでいます。お釈迦さまも農夫に親近感を抱いています。お釈迦さまが在家信者との交流を大事にしていたことが分かります。お釈迦さまは手の届かない遠くにいる方ではありませんでした。

« 天津神神話と天体の対応関係 | トップページ | 霊樹の崇拝 »

仏教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/66001496

この記事へのトラックバック一覧です: 農夫を励ます:

« 天津神神話と天体の対応関係 | トップページ | 霊樹の崇拝 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ