2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 漢字の世界―11 蛮(蠻) | トップページ | 漢字の世界―13 斉 »

2019年8月17日 (土)

漢字の世界―12 結・吉・髻

士(切断)と口(石包丁)の会意。

稲穂を切断して、ほどけないように結ぶ行為。

古代では稲は脱穀しないで稲穂に着けたまま保管した。現在でもインドで見られる保存法。

転じて「まげ」(頭長で髪の毛を結ぶ髪型)、大人の男の意味。

稲の収穫ということから「めでたい、完成」の意味も持つ。

 

 

漢字系統樹

« 漢字の世界―11 蛮(蠻) | トップページ | 漢字の世界―13 斉 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 漢字の世界―11 蛮(蠻) | トップページ | 漢字の世界―13 斉 »