2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 華厳経(十二) カピラバットゥ城の瞿夷夫人(ヤショーダラー夫人) | トップページ | 華厳経(十四) 天主光童女 »

2019年10月26日 (土)

華厳経(十三) 摩耶夫人

摩耶夫人は言うまでもなくお釈迦様の生母です。

 

善財童子は、摩耶夫人は如来に等しいと絶賛しています。善財童子は様々な女神や女性に出会い、最終的に母性に立ち返ったのでした。

 

乳母=仏教の未来である密教、すなわち精神世界と科学技術の融合

妃=可愛らしい純真な少女(善財童子はやはり…)

生母=生命を生み出す母は如来に等しい

 

善財童子は以上の結論を出したわけです。

 

しかしこれは童子個人の答えですので、それを絶対的な真理と受け取る必要はないのです。

 

お釈迦様の育ての親であるマハーパジャーパティーが、密教を管理する女神になっているというのは深い意味があります。そして生母のマーヤー夫人はこれからも未来の仏を生み出すのです。現身の女性の象徴であるヤショーダラー姫は、これからも男性と女性はともに歩んでいくことを象徴しています。

 

大事なことはお互いを思い遣る心だと華厳経は説いています。

« 華厳経(十二) カピラバットゥ城の瞿夷夫人(ヤショーダラー夫人) | トップページ | 華厳経(十四) 天主光童女 »

仏教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 華厳経(十二) カピラバットゥ城の瞿夷夫人(ヤショーダラー夫人) | トップページ | 華厳経(十四) 天主光童女 »