2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 華厳経(十六) 徳生童子と有徳童女そして旅の終わり | トップページ | 新型コロナウイルスと「ヒーリングっどプリキュア」 »

2020年1月13日 (月)

映画スター☆トゥインクルプリキュア「星のうたに想いをこめて」感想

スター☆トゥインクルプリキュアの本編も終盤で今更感満載ですが、映画の感想です。

 

星の子供ユーマをひかりとララが拾ってしまい、ユーマとの間の交流と、ユーマを宝物として狙う宇宙ハンターとの対決、そしてハンターの悪意を受けて破滅しそうになるユーマを助けるという壮大な物語でした。今回は特にララの成長が描かれていました。最後の別れのシーンでは思わず熱いものがこみ上げてきました。

展開も自然でテンポが良く、沖縄や世界遺産の風景画も美しく、終盤に出てくる星となったユーマも幻想的で素晴らしかったです。アニメとしての完成度もばっちりでした。

ターゲット層の幼児に、未知の文化を持つ存在と出会い交流することの難しさと素晴らしさを教えるという意味でもよくできていたと思います。アニメ映画としては「ドラえもんのび太の鉄人兵団」と同等の感動でした。要するに最高ってことです。DVDも予約しました(笑)

 

以下とりとめのない感想が続きます。良かったら読んでください。

 

記憶で書いているので間違っているかもですが、確かロケットが故障して、ララはひかるの部屋に居候することになります。部屋で一緒に寝起きする二人が可愛い。寝起きのララや、遅刻しそうになって慌てるララが可愛い。普通は宇宙人は地球人よりもハイスペックなのが常道ですが、ララちゃんはポンコツで、どっちかというと生身のスペックはひかりの方が高いので、ひかりがぶっ飛んだお姉さんで、ララは背伸びをする妹みたいな立ち位置になっています。とにかくかわいい。

拾ったスタードロップはテレポーテーション能力を持っていました。そういえば今回は本編の妖精に当たるフワとプルンスは、子育てというテーマが重なるのでほとんど出てきません。それも新しい。ひかるとララはオカルト系の世界遺産を訪問しまくります。その風景がとにかく精緻で美しい。現実にはなかなか見られない構図で世界遺産を見せてくれるのはアニメならではです。

次いで沖縄へ行きます。沖縄の町の風景はアニメと調和した絵柄になっていてとてもなじみやすかったです。写真から起こした美術を使うことが多くなった昨今のアニメですが、やはり人間が描いた絵でないとアニメキャラとは調和しないと思います。奥行きがあり空気や雑踏まで感じられる沖縄の国際通りを、ひかりとララが迷子になったユーマを探すシーンはこの映画の隠れた見せ場です。沖縄へ行ってみたくなりました。

本編でもやや精神的に幼いところがあるララ。年相応なので悪くないと思いますが、中学生がいきなり兄弟ができたみたいな感じで、ユーマとの距離の取り方に戸惑うところがリアルでよい。こう時にはひかりやえれなだと上手に幼児の気持ちをおもんぱかって付き合えちゃうのでストーリーになりません。ユーマを探していたはずなのに見つけて驚いてしまうララ、どうしてよいかわからなくて思わず歌を歌ってしまうところなんかグッときます。そういえば劇中歌の「ながれぼしのうた」は本作用に作曲されたものなのですね、てっきりそういう童謡があるのだと思っていました。騙された!(作品が成功しているということ)

宇宙の密猟者、スペースハンターとの戦闘シーンでは、星座ドレスが12着総てみられるのがとてもうれしい。技も全部見られて楽しい。本編では技も5つくらいしか出てきませんからね。それが聖闘士星矢みたいでかっこいいんだな(絶対に意識していると思う、同じ東映だし)。

最後に様々な人から得たイメージでできたユーマの星に降り立つひかりとララ。かなり無秩序ですが、子供の精神がどのようにしてできるのかを寓話的にあらわしています。すばらしいコンセプトです。悪意を受けて荒れた星になりかけるけれど、最初に受けた二人の愛を思い出して星が生き返るところはとても感動的です。ここは特に子育てを経験した母親は、涙なしには見られないところだろうと思います。隣に座った子供連れのお母さんは泣いていました。いや、ここ本当に泣けます。

とにかく素晴らしいアニメだったと思います。子供のこともよく考えられていて、これぞ子供向けのアニメ映画の傑作と言えます。スタッフの皆さん、キャストの皆さん、東映アニメさん、ありがとうございました。

« 華厳経(十六) 徳生童子と有徳童女そして旅の終わり | トップページ | 新型コロナウイルスと「ヒーリングっどプリキュア」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

映画版プリキュアは結構当たり外れが大きいのですが、今回は傑作でしたね。

話の流れは、ユーマとの出会い→沖縄にテレポート(修学旅行中のえれな、まどかも絡む)→世界各地を巡る旅→スペースハンターとの戦い(ここでユニと星空警察のアンが合流)→ユーマの暴走→宇宙に出てラストへ、だったと思います。

今回の主役はララでしたね。最初はユーマにイラついていたララでしたが、やがて別れたくなくなり、でも最後はユーマのために行動する、そんな彼女の変化が物語を動かしていたと思います。

ストーリー展開と絵柄が何となくドラえもんの映画に似ていましたが、ムックには藤子アニメを意識したと受け取れる記述がありました。ドラえもんの映画を研究したのかもしれません。

映画のララは年相応で見ていて好感が持てましたね。プリキュアは少女が活躍する作品ですので、ややもすると現実にはあり得ない老成された子供が出てくる作品になりがちですから。そういう意味ではハグプリは面白かったけれど、現実にはあり得なさそうなキャラが多かったです。

ハグプリが「大河ドラマ」的で大上段に構えていたので、スタプリは気楽に楽しめることをモットーに作ったそうです。

来年のプリキュアは「ナースエンジェル・りりかSOS」を改変した作品になりそうです。自己犠牲がテーマの作品になるかもしれません。

スタプリの戦いは本日で終了。全ての光を失ったはずの宇宙で、ひかるたち一人一人の魂だけが光ります。これは比叡山のキャタッチフレーズである「一隅を照らす」を表現しているんですね。

プリキュアは京都の東映だけあって、浄土真宗、浄土宗、天台宗の影響が強いです。

今回も悪の親玉は倒しませんでした。滅びもまた宇宙の要素として必要ということで、日本のアニメはこういう結末が増えています。世界より一歩先を進みつつあります。

蛇使い座のプリンセスの力をノットレイダーが使用して、プリキュアを地球に帰したのが象徴的でした。

来週は後日談、ひかるとララの再開はあるのか?

最近のプリキュアでは大人になったプリキュアを描く事も多いので、最終回は数年後の話になるかもしれませんね。(実はこれも昔のプリキュアではタブーだったそうです)

言われてみれば、二人はプリキュアとプリキュア5では未来の姿を見た覚えがありません。

アニメキャラの将来はファンにとって興味が赴くところで、かつては二次創作の主要なテーマでした。
昔気質のアニメーターは、そういう二次創作がやるようなことをなぞるのは忌避する傾向がありました。

しかし最近は、プロが二次創作の楽しみ方を積極的に取り入れるようになっています。プリキュアの変化もその一環かもしれませんね。

かつては「公式」は絶対で、公式に書いてあること以外を想定するのは「罪」であるかのようにとらえているファンは多かったです。でも最近は公式とは別のストーリーラインを想像して楽しむことは好意的にとらえられています。逆に言うと公式がキャラクターの将来の姿を描いたとしても、ファンは「そういう未来もあるよね、でも私はこういう将来がいいな」とワンクッション置いて受け止められるようになってきたということでしょう。

「ミザリー」のような世界は遠い彼方ということですね、良い変化だと思います。

プリキュアシリーズでは、作中で主人公達の別れが描かれるようになったのと、その後が描かれるようになったのはほぼ同時ですね。
昔のプリキュアだと、フレッシュプリキュアは、プリキュアの一人が敵の異世界勢力からの寝返りプリキュアだったので、最後は別れがありました。それ以降、ハピネスチャージプリキュアまではプリキュアの別れもその後の話もありません。
その次のGo!プリンセスプリキュアでは、最終回でプリキュア達の別れが描かれ、その後、異例のCパートでその後の話がほのめかされていました。
その次の魔法使いプリキュアでは最終回の前の回で、最終決戦の終わりから別れ、さらに再開までの数年間が描かれるという駆け足ぶりで、最終回はおまけみたいな大団円と次作への引き継ぎでした。
その頃から、プリキュアの戦いも彼女達にとっては人生の1ページに過ぎず、そこからはそれぞれの未来へと歩んでいくという流れが確立されたのだと思います。
ハグプリのはなの出産シーンも、その流れがあってこそ構想されたのでしょう。

スタプリ終了しました。
今回は途中で夢オチが入りましたが、あれは子供向けの後日談と大人向けの後日談を両方出したくてああしたのなと思いました。
再会を匂わせて終わるという展開は、Goプリンセスプリキュア以来ですね。

アイワーンの謝罪シーンがあったのはよかったです。何気にハッキリと自分の過去を、迷惑かけた相手に謝罪したプリキュアの悪役は初めてであるような?
前歴隠して社会に紛れ込むタイプの悪役は過去にいましたが、悪役であったことを隠さないのは今回が初めてのやうに思います。
サマーン星の文化が変わったのは面白かった。
ひかるはああ見えて理系だし、体力あって、コミュ力抜群だから、宇宙飛行士は適任だと思います。
官僚の局長から十数年で総理大臣は難しいと思いました(^o^;)
総理令嬢キュア誕生ですね。
スペイン語の通訳が、日本の記事を日本語で読んでいるのはおかしいだろ(笑)スペイン語で読まなければ。
良い作品だったと思います。

お久しぶりです。
春のプリキュア映画が新型コロナウイルスのせいで公開延期になってしまいましたね。
ビョーゲンズが現実世界で猛威を振るうという、洒落にならない事態になってしまいました。

えっ!マジですか!?

ハグプリメンバーの最後の晴れ舞台と思って楽しみにしていたんだけど。

しかも期限を示していないですね。
まあ映画館はリスク高いですよね、しかもプリキュアの映画は応援ありだし。
ビョーゲンズ恐るべし。

プリキュア映画は5月上映になったけど、この状況じゃ5月までに感染が収まっているかも分かりませんね。

隣り合わないように、席を一つづつ空けてというやり方であるならば、映画鑑賞は許可されるかもしれません。

それにしても疫病の威力は凄まじいです。今後は十年に一度くらいはパンデミックを覚悟するべき時代になったのではないでしょうか。

世界のあり方を変える必要があります。

でも幸いなことに、これは日常生活を支える基礎的な産業、老人や子供、主婦に優しい世の中ということになりそうです。

意外と我々が望んだ社会へと変わっていく切っ掛けになりそうですよ。

今週のプリキュアは、パンデミックとトリアージがテーマでした。医療崩壊もありましたね。

どっちかというとお父さんお母さんの教育に主眼があったかも、台詞が難しかったから。

大規模な脅威に立ち向かうには、最終的には人員補給しかない!?

3ヶ所でメガビョーゲンが発生してプリキュアのリソースを超えてしまい、トリアージを余儀なくされた状況です。しかもメガビョーゲンは早期に対処しないと悪性化してしまうという状況。
次回はパワーアップ回になりそうなので、何とかなるのでしょうが、パワーアップのきっかけを何にするのかがストーリーの鍵になりそうです。
ただ、製作側がビョーゲンズの設定を考えた時は、ここまで現実とリンクするとは予想もしてなかったでしょう。311の時のスイートプリキュア以上に、社会情勢に影響される作品になりそうです。

(追伸)今、YouTubeでハートキャッチプリキュアの映画版を公開しています。プリキュア映画でも名作の一つでお勧めです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 華厳経(十六) 徳生童子と有徳童女そして旅の終わり | トップページ | 新型コロナウイルスと「ヒーリングっどプリキュア」 »