2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 映画スター☆トゥインクルプリキュア「星のうたに想いをこめて」感想 | トップページ | 方便企画:同行四人♡ビックニー・プリキoア »

2020年4月12日 (日)

新型コロナウイルスと「ヒーリングっどプリキュア」

今年も新しいプリキュアが始まって、早三か月目。その間に世情はめまぐるしく変わり、まだ落ち着く兆しはありません。

 

言うまでもなく、新型コロナウイルスです。

 

今更新型コロナウイルスについて、私が付け加えるべきこともないですが、自分のブログへの記録の意味も込めて一通り、自分の私見も混ぜながら新型コロナウイルス事変をレビューしてみます。表題とのつながりは、このブログを見ている人ならわかるでしょう(笑)

 

2019年12月ごろに中華人民共和国の内陸部で治りにくい肺炎が蔓延。どうやらこれが新型の感染症らしいとの噂がネット上で流れ始めたのは、新暦で歳が変わるころであったと記憶しています。後追いで誰かがSNS等を調べた結果によると、新種のウイルスによる肺炎という言葉がネット上に初めて出てきたのは11月の下旬だそうです。

 

2020年の1月には武漢市にて相当な数の患者が出て、医療崩壊が始まりました。そして、春節の大移動によって、この病気がシナのみならず全世界に蔓延するとを危惧する声が専門家から上がります。それに対してWHOは動かず、中華人民共和国は武漢市で移動制限をしただけでした。この頃から日本、韓国、東南アジアでも空港で患者が散見されるようになります。

 

1月末には武漢市は危険な状況となり、中国共産党が都市の封鎖を決定します。しかしそれ以外の場所では予定通り春節の大移動が行われました。これにより、世界各地にウイルスがばらまかれたことが分かっています。特に欧州と米国では、2月後半になって感染が拡大しており、これは里帰りしたシナ人が故郷で新型コロナウイルスに感染したまま出稼ぎ先に戻り、そこで広めた可能性が濃厚です。これに対してもWHOは有効な手立てを取りませんでした。国外の国民の移動を制限しなかった中華人民共和国政府も、ことの重大さを理解していなかったことは明らかです。

 

三月になってからイタリア、スペイン、イラン、米国の西海岸やニューヨーク州などで新型コロナウイルスの患者が急増。病院は患者であふれて医療崩壊が発生しました。特にイタリアは埋葬すらままならないほど悲惨な状況が続いています。報道によると、北イタリアでは接客が必要な業種(飲食、介護、風俗等)で相当にシナ人の出稼ぎに頼るようになっていて、疫病を広めたそうです。さらに狭い場所に集まって聖歌を合唱し、聖体(パン)を司祭が手ずから渡すカトリックの祭儀がクラスターとなったと言われています。

 

イランもまた中共と人の往来が多い国であり、宗教体制のため礼拝に出席することが奨励さていました。南欧にはイランを通したルートでもウイルスが運ばれています。このルートで持ち込まれたウイルスは致死率が高いという未確認の情報もあります。スンニ派の国とイスラエルでは緊急的にモスクでの礼拝をストップしましたが、イランは宗教国家としての威信がかかっていたため、かなり後まで信者は集団礼拝を強要され、パンデミックを後押ししました。

 

早くに患者が発見され、豪華客船の隔離措置ではなぜか世界から総スカンを食らった日本ですが、患者数は3月末になるまでは、まことに緩やかに上昇しました。そもそも検査が奨励されていなかったなどの事情もあるのですが、実際死者の人数が少ないため、日本ではまだ状況は深刻化していません。その理由は清潔好きな国民性、この季節は花粉症の予防のためにマスクをつける人が多い、などが考えられます。また、科学的にはまだ証明されていませんが、BCGが免疫力を高めている、コロナウイルスは東アジアに多いウイルスで、日本人は元々免疫を持っている、などの説も提唱されています。

 

3月下旬には東京オリンピック2020が来年に延期されることが決定しました。そのころから患者数が急速に伸び、4月10日ごろから毎日数百人の新規感染者が報告されるようになっています。3月から始まった移動自粛要請は、全国的な感染拡大を受けて、ついに新型インフルエンザ特措法に基づく緊急事態宣言が発令されるまで事態が進行しました。

 

これに伴い、世界全体に及ぶ広範な消費活動の自粛と、世界的なサプライチェーンの寸断などにより、現在進行中の官製のデフレに対する経済対策の立案が目下策定中です。このブログにとって非常に興味深い内容を含んでいますが、これについてはまた項を改めることにしたいです。

 

さて、表題のプリキュアですが、今年は医療がテーマの「ヒーリングっどプリキュア」です。昔からの女の子のあこがれの職業である看護婦さんではなくて、お医者さんをモチーフにしているところ、女性の社会進出もかなり進んだのだなと思わせてくれます。

 

この作品、新型コロナウイルスがなくても、いろいろと示唆的な設定が盛り込まれています。主人公の花寺のどか、名前自体がお寺ですから、私が主張しているように「プリキュアのテーマは仏教」というのを東映アニメも隠さなくなってきました。彼女は小学校入学くらいから病に侵され、小学校高学年では入院して家に帰れないほどになったのですが、何故か中学1年生になってから快癒し、2年生から普通に学校に通えるようになったという設定です。

 

こういう経過をたどる病気は、白血病や臓器の異常などの病気であり、つまり花寺のどかちゃんは生体臓器移植によって命をつなぎとめた子供なのです。あまりに重すぎるので、作中では出てこないと思いますが、どこかで示唆するようなエピソードは入ると思います。

 

そして敵は感染症を思わせるビョーゲンズという悪の組織です。大地や水や風のエレメント(精霊)を病気にして、その力を奪おうとします。このエレメントという設定は、日本の神道をうまく説明しています。

 

なかなか示唆的な作品でしたが、これが新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けて神懸かったアニメになってしまいました。

 

特に先週の第10話「緊急お手当て!メガビョーゲンズがいっぱい!?」と今週の第11話「力を一つに!ミラクルヒーリング!!」は感染症のパンデミックをモチーフにしたストーリーになりました。

 

もともと第10話あたりに強化技が来るのがプリキュアのセオリーですので、この辺りで感染症を題材にした話が来る事は、所定であったのかもしれません。しかし新型コロナウイルスのパンデミックが国内でも進行していることを受けて、パンデミックとはどいうことか、感染のクラスターとは、トリアージとは、医療崩壊とはをお茶の間に知らせる啓蒙アニメの様相を呈することになったのです。

 

第10話当初、いつも通り一体しかいないと思った敵が、別の場所に同時攻撃を仕掛けてきました。敵幹部も複数なので、当然ありうべき状況ですが、話がややこしくなるので、今までプリキュアでは禁じ手になっていた攻撃です。これによりプリキュアの三人は分散して戦うことになりますが、一人では対処ができません。しかも、時間を追うごとにビョーゲンズが強力になるという設定です。

 

個別に戦うことで疲弊していく三人、まさしく医療崩壊です。そこで、ヒーリングアニマルは、どこかターゲットを決めて三人集まってビョーゲンズを個別撃破するべきと提案します。しかしそれは一時的にせよ目の前の患者を見捨てることになるのです。命の順序付け、トリアージです。キュアグレース(のどか)は目の前のビョーゲンズを見捨てることができずに危険な状態に陥ります。そこに残りの二人が駆けつけて、虹(ガラス)のエレメントさんは浄化することができました。

 

クラスターを監視することが日本の新型インフルエンザ対策の肝ですので、それにも沿った内容です。

 

次に水のエレメントも浄化できたのですが、最後に回された花のエレメントが重篤な状態になってしまいました。プリキュア危うしというところで、合体の新必殺技ができて花のエレメントは浄化できました。これも特効薬の開発をしないとなかなか新しい伝染病を終息させることは難しいことを説明しています。しかし、インフルエンザ薬のアビガンが、新型コロナウイルスにも使える、という治験の症例が数日前に公開されることまで予想していたスタッフは、どこにもいなかったでしょう。

 

悪化した花のエレメントは、ビョーゲンズの種を蒔きました。これは突然変異による新しい感染症の発生を表しているのでしょう。そして、そのビョーゲンズが特定外来生物のカピバラに感染するところで第11話は終わりました。生物が感染症を媒介することを説明するのが第12話です。外来生物の危険性も啓蒙することになるのでしょう。

 

プリキュアとしてはやや異色であった「HUGっと!プリキュア」と「スタートゥインクルプリキュア」と比べて、オーソドックスなつくりである「ヒーリングっどプリキュア」ですが、思いがけず深い社会的な役割を担うことになってしまいました。今年もプリキュアから目が離せません。

 

« 映画スター☆トゥインクルプリキュア「星のうたに想いをこめて」感想 | トップページ | 方便企画:同行四人♡ビックニー・プリキoア »

コメント

プリキュアをパワーアップさせたのは、多くのエレメントさんたちが分け与えた力だと思います。
プリキュアがお医者さんなら、ビューゲンズに冒されたエレメントさんは患者で、元気なエレメントさんは一般の人というアナロジーになります。
一般人が医療従事者を支援しようというメッセージが込められているのは間違い無いでしょう。

なるほど、医療従事者へのエールにもなっているわけですか。そこは気がつかなかったです。

しかし始まったときには、ここまで世の中とシンクロするとは想像もしませんでしたね。

メガビョーゲンの治療に時間がかかるとメガビョーゲンが強大化するだけではなく、新たなビョーゲンズまで生まれてしまうと知ったプリキュア。
ひなたちゃんがプリキュア辞めたいと言い出すのも無理はないですね。ヒーリングっどプリキュアはプリキュアにとって例年以上に厳しい設定です。

本当はここまでやるつもりはなかったのかもしれませんが、
現実の方がもっと厳しいですからね。
それに引きずられて重い内容になったのかもしれません。

でももう少しで日本は先が見えてきますので大丈夫です。
これが欧州みたいな状況になっていたら、あまりにも空々しくて見ることもできなくなるところでしたよ。

幸い身の回りには犠牲者はいないのですけれども、
プリキュアを見ている子供たちの中には、おじいちゃんおばあちゃんが犠牲になっている人もいるのだろうと思うと、そうそう楽天的な話にもできないでしょう。

プリキュアが次回以降、放送延期だそうです。

東映アニメーションは全部休止するようです。
従業員を大切にする良い会社ですね。

社内で感染者を出しながら
プリキュア製作していては笑い話にもならない。

アニメは蓄えが少ない零細企業が多いので
他の会社は厳しいだろうな・・・

今日は『映画プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日』の公開日だったけど、再び延期でしたね。
いつまで現実世界におけるビョーゲンズとの戦いは続くのでしょうか。日本ではかなり収まってきたけど、映画上映や番組再開ができるのはまだ先でしょうね。

木曜あたりから、東京区部でも徐々に車や人手が増えています。
これでも二週間後に感染者がそれほど増加しなければ
首都圏も規制解除に踏み切れるでしょうね。

ところで経済政策の方では、日銀が赤字国債の買取上限撤廃、
真水25兆円の経済対策、2次補正での上積み、
年内におそらく第3次補正と財政拡大派としては
待ってましたと言いたくなるような政策が次々と実現していますね。

これで2021年に財政の崖を作らないように時間をかけて
政府需要を抜いていくようにできればデフレ脱却が見通せるのだけれど。
私は20年くらいかけないといけないと思っています。

来週から再会ですね。9週間休んだことになります。
話の季節もおもちゃの発売も追加戦士も約2ヶ月ずれることになるのでしょうか。

一月末で終了の線だけは崩さないでしょうから、今年は全40話になると思います。元々オリンピックで2話は消えていたのだろうから、当初の予定から6~7話くらい消えたことになるのでしょうか。

従来だったらちょうど今ぐらいに追加戦士が来ているはずですよね。ここから話を盛り上げていかないといけないから、1か月半くらいずれて追加戦士は8月ですかね。そということは、強化技(第14話?)が来てからの日常パートと、追加戦士が来てからの日常パート削って、話を巻いていくとなると、今年はハイテンションなシリアス展開の連続で来るかもしれません。

まあ時節柄海水浴とかキャンプとかの話は作れそうにないから、夏休みの話がごっそり削られるのかなあ。夏祭りも中止の地域が多いですから、今年は恒例の盆踊り回は無しかも。

ところで追加戦士誰なんでしょうか?私は敵方の男の子じゃないかと思っているんですが。

東日本大震災の年に放送されたスイートプリキュアは1話減らされましたが、その時もかなり全体の内容が変わったという話を聞いたことがあります。
話数を減らすのなら、今回はそれとは比べ物にならないくらいの改変になりますね。
追加戦士のネタバレはすでに出ていますが、正体が誰なのかは分かりませんw

追加戦士の情報が公開されました。まだ登場していないキャラのようですね。

まだ登場していないキャラクターのようですね。
年上に見えます。もしかしたら高校生?

設定やストーリー攻勢を精緻に組み立てておきながら、
流れを重視して土壇場で大胆に変えてくるのが東映アニメの得意技なので
今回もなんとかうまく切り抜けてくれるでしょう。

本編でも追加戦士らしき人物が出てきましたが、背景の集落が竪穴式住居である事から考えると、約1000年以上前の人物になるのでしょうか。彼女が追加戦士本人だとしたら、史上最高年齢プリキュアになるのかもw

常識的に考えると、どこかの神社の巫女さんが第四の戦士なんでしょうけれど、もしかして史上最初の神様プリキュアなんでしょうか!?

風の属性を持つらしいので、神風をモチーフにしているのでしょうね。

巫女プリキュアはハピネスチャージプリキュアでありました。敵である幻影帝国の首領ミラージュが、実は昔のプリキュアで巫女だったという話です。
彼女の恋人であった地球の神ブルーは、プリキュア史上最低キャラと見なされていますw

映画「プリキュアミラクルリープ」は10月31日公開になりました。本来秋映画が公開されるタイミングで春映画が公開され、秋映画は来年になるようですね。次回作の春映画がスキップされるのか、それとも何か手を考えているのか、気になりますね。

Baatarismさん、こんにちは

今日のプリキュアはのどかのラビリンが喧嘩をするお話でした。
あれはうさぎが一方的に悪いのですけれども、子供の喧嘩にはありがちだと思いました。自分を振り返った視聴者さんも多かったかもしれません。

でもあれは友達というよりは年の離れた兄弟のけんかに近いかもしれないですね?

映画一回分を飛ばすことで、本編製作にマンパワーを集中させるという判断かもしれません。映画には本編一ヶ月分くらいの人的資源を費やしていそうなので、これを本編に回せば、スタジオがもう一つ余計にできたのと同じことになって巻き返しができます。

ヒーリングっとプリキュアは映画が一本だけの作品になるかもしれません。

玩具屋の流動性を確保するために、本編で影も形も表れていない四人目のグッズが先行発売されました。異例づくめです。どの業界も大変です。

ヒーリングっどプリキュアの映画は来年上映とアナウンスされているので、スキップされるのは来年の春映画かもしれません。
本編は日常回が続いていますが、追加戦士登場までのエピソードはすでに決まっていて削れないのかもしれませんね。そうなると、キュアアース登場は8月末でしょうか。

今回本当に悪かったのはニャトランかも。
ただ、お互いの心にわだかまりがあると返信できないというのも、かなりハードな設定ですね。

老人三人が友情を取り戻すお話。今回衝撃を受けたのは、昭和四十年代が、高齢者の青年時代として描かれたこと。俺も年を取るはずだ(苦笑)

老樹は倒れても、新芽として命をつなぐことができてよかったです。

感染症による緊急事態宣言入りする前の書きかけのストックがある間は通常展開が続く模様です。

今回はちゆ編。お客さんだった外国人一家がもうじき引っ越して来るようですが、追加戦士と関係あるのでしょうか。
次回はニャトラン浮気編のようですw

なるほど、あの子がもう一度登場する展開については思いつきませんでした。

日本に越してきた外国人のプリキュアというのは今までにいたのでしょうか?

日向とにゃとらんの関係は姉弟に近いようなので、片方が恋をしていたら応援するのは自然ですね。

四人目は妖精自身が変身する、ミルキーローズのパターンかもしれません。

ニャトランは白く燃え尽きましたねw
妖精が人間に恋したら、すでに彼氏がいたというのは以前にもありました。
確かにひなたにとってニャトランは弟のようなものかも。

キュアアースの人間の姿はすでに公表されているのですが、あの外国人一家の母親と似ていました。もう一人娘がいるという可能性もありそうです。

いきなり次回予告でキュアアースが出てきましたが、今年はキュアアース登場の経緯を何回か端折ったのかもしれませんね。

>日本に越してきた外国人のプリキュアというのは今までにいたのでしょうか?

ハピネスチャージプリキュアのキュアプリンセス(白雪ひめ)くらいでしょうか。
ただ、彼女は実在する国家の出身ではないので、異世界出身者と同じような扱いなのでしょうが。

ミルキーローズも人間として日常生活を過ごしていました。寝る時には妖精に戻っていたかな。

日向は年相応で好感持てます。

キュアアースは古代人の可能性が大きくなってきましたね。
超先輩プリキュアの誕生かも。

ラテ様が変身するという予想は外れてしまいました。キュアアースが登場する直前までその流れだったのですが、まんまと東映アニメに騙されてしまいました(笑)

キュアアースはどうやら大人のように見えます。
成人のレギュラープリキュアは初めてなのではないでしょうか。フレッシュプリキュアからアラモードまでは見ていなかったので分からないですが。

Baatarismさんがそういう言い方をされるということは、ミラージュはそれほど昔の人ではないのですね。

ミラージュは300年前のプリキュアなので、江戸時代ですね。
これまで高校生プリキュアは何人かいましたが、それ以上年上のプリキュアはいませんでした。

補足:主人公チームに入っていないプリキュアなら、大人のプリキュアもいます。
キュアフラワー(ハートキャッチプリキュア)、キュアテンダー(ハピネスチャージプリキュア)がその例ですね。

なるほど

そういえば変身前は小学生相当だけれど、変身した姿は大人の女性というパターンもいましたね、あの赤髪の、誰でしたっけ?

キュアエース(ドキドキプリキュア)ですね。
変身前は小学生相当ですが、普通に誕生した人間ではなく、実年齢は1歳あるかないかという特殊なキャラです。

そういえば、大人が一人だけいたのを思い出しました。およるん星人は、母星の惑星サマーンではあれでも法的には成人らしいです。

古代人説外れましたw
さすがにキュアフェリーチェ(魔法使いプリキュア、はーちゃんとして作中第4話で誕生)より年下とは思わなかったです。

東映さん開き直りましたね。

これはこれで新しくて良いのではないでしょうか。

今回の裏テーマは神道ですので、自然が太古の記憶に基づいて精霊を産み出すというのはそれに沿っています。

しかし、とうやらポンコツ系であるようで、しばらくギャップ萌えで楽しめそうですね。

なるほど、ホームレスプリキュアですか、
これは新しい・・・

去年のキュアコスモも地球ではホームレスプリキュアでしたねw

「ヒーリングっどプリキュア」の日程についての考察記事がありました。

https://precure.news/2020/08/29/heapre_total/

もし1月末終了なら、終盤のストーリーに大きなしわ寄せが来ると考察しています。
オリンピックでは3週休みが予定されていたんですね。
この記事の筆者のツイートによると、今日の総集編的な話は、元のスケジュールではオリンピック後の再開日の話になる予定だったようです。

Baatarismさん、こんにちは

ご紹介のページを読みました。論理的な考察だと思います。キュアアースが「前触れもなくいきなり現れる」という展開が所定のものである、という説はなるほどと思いました。

今週(第26話)は実質的な総集編でした。プリキュアには珍しいですね。初代には過去映像が多い調整するための話が一話あったような記憶がありますが。

第26話は
・エピソード内での台詞回しなどが調整できたのは第22話あたり以降
・エピソード内でのシナリオの大筋が調整できたのは第32話あたり以降
の真ん中に当たります。さらに、第25話では新追加幹部らしき雛鳥が、一話で退場しました。

また、
絵コンテ
スケジュールや演出家さんにもよりますが、大体コンテ決定稿のUPは放送に対して2~3ヶ月程度先行しています。したがって4月7日時点では第19~22話あたり、当初の予定では6月、実際には8月に放送された話数までコンテ決定稿がUPしていたと考えられます。

ということはおそらく新幹部が活躍するはずだった第26-31話の脚本を廃棄して、第32話を第27話に接ぎ木するのであると考えられます。絵コンテのやり直しは難しいので、シナリオライターさんに頑張ってもらったのではないかと私は予想します。

そうすると、脚本が演出(東映アニメでは各話の監督にあたる)の手に渡るのが少し遅くなります。どうしても調整がつかなかったので第26話が総集編となったのでしょう。

プリキュアは非常に日本の伝統に忠実な思想を持つ人が制作方針を決めていると考えられますので、2月開始の線は動かないと思われます。

なるほど、考えてみれば25話で新幹部が1話だけ登場したのは不自然ですね。
あと今気づいたのですが、これまでストーリーに連動して9月に発売されていたおもちゃが、今年は発売されていません。ストーリーから考えて、4人参加の必殺技アイテムが出てくると思うのですが。
キュアアースのハープはストーリーよりも前に発売されたのですが、9月に登場するはずだった新アイテムはストーリーに合わせて発売が遅れている可能性がありそうです。

今日の27話はこれまで通りキュアアースのほのぼの話と思いきや、最後にどんでん返しがありました。
次回28話から新展開となりそうですが、コロナがなかった場合の日程だと28話は9/6でした。(ゴルフとオリンピックの休みを考慮)
これまでプリキュアは夏休み明けに新展開になったり新アイテムが出たりしていましたから、ヒープリでも今回の新展開は同じタイミングで起こっていることになりますね。

ほえ~、そこまでストーリー展開が定式化しているのですか。もはや伝統芸能ですね。

だとすると、今年だけは2月まで続くかもという説にも信憑性が出てきますね。

それはともかくとして、プリキュアのしかもリーダーのピンクに悪の力が埋め込まれるというのはなかなか劇的な展開です。どうなってしまうのか気になります。

プリキュアだから、きっととんでもない復活劇を見せてくれるのでしょうね。
5年前のGo!プリンセスプリキュアで、「復活のフローラ」と呼ばれる、誰もが圧倒される復活劇を描いたこともありますから。

4人合体技のアイテムは、すでにおもちゃとして発売されていました。弓と注射器がモチーフですね。

https://toy.bandai.co.jp/series/precure/item/detail/11594/

新しいおもちゃは、なんというかすごいフォルムですね。

いや、僕の心が穢れているんだきっと。

実にあれな形状をしているので、無意識に訴えるものがあって、逆にバカ売れするかもしれません。

薄い本の人達が好んで取り上げそうなネタですが、今の時勢では薄い本を売る場もないのが…

ビョーゲンズは本当に病原体のようなやり方で増えていたんですね。
のどかとダルイゼンの関係は最初から伏線があったので、当初からの設定だったのでしょう。

そう言えば敵が育ての子というのは初めてですね。未来の旦那というのは一昨年やりましたが。

敵が父親だったのはハートキャッチプリキュアとスイートプリキュアですね。ドキドキプリキュアもその変形と言えるでしょう。
姉や彼氏が敵になってしまったのはハピネスチャージプリキュアです。逆に敵を彼氏にする剛のプリキュアもいましたが。
それに比べれば今回はまだドロドロではないのかもw

今回ののどかは、自分が新型コロナウイルスに感染して他人にうつしてしまった人に例えることもできますね。アスミの言葉は感染者が責任を感じる事はないというメッセージと捉えることもできます。

よほど非常識なことをしていない限りは、たとて他人にうつしていたとしても、感染者を責めるのは間違っていると私は思います。

そうしないとかえって感染を隠すようになって、感染拡大を助長しますからね。

ところでようやくオープニングが映画仕様になりましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画スター☆トゥインクルプリキュア「星のうたに想いをこめて」感想 | トップページ | 方便企画:同行四人♡ビックニー・プリキoア »