2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 新型コロナウイルスと「ヒーリングっどプリキュア」 | トップページ | 同行四人♡ビックニー・プリキoア 周囲の人々 »

2020年5月20日 (水)

方便企画:同行四人♡ビックニー・プリキoア

ボンノー帝国の設定を追記しました。

 

ヒーリングっとプリキュアが再開されないので、プリキュアの嘘…じゃなくて方便企画を考えました。

私、佐伯まお14歳、うどん県和三盆村のオリーブ中学2年生。ある時村に謎の怪物ボンノージャーが現れて大ピンチ!光とともに現れた鳥の姿をした妖精キンナラに触れたら戦士に変身しちゃってぶっちゃけあり得ない。これから私どうなるの!?

 

キoア・ビルシャーナ(ピンク)

名前:佐伯まお

年齢:14歳、オリーブ中学二年生、生物係、吹奏楽部でパーカッション

性格:元気いっぱいな女の子。明るい性格。弟がいる。

両親:お遍路さん相手の宿坊を切り盛りしている

変身の掛け声:なんでもなれる、仏にだってなれる!キoア・ビルシャーナ!

必殺技:スカイオーシャントルネード(悪を浄化)

モチーフ:大日如来(毘盧遮那仏)

 

 

キoア・ルーリー(スカイブルー)

名前:三津首ひろの

年齢:14歳、オリーブ中学二年生、学級委員、科学部

性格:秀才で委員長タイプ、友達は少ない、一人っ子

両親:父親は村役場、母親は小学校の先生

変身の掛け声:あなたと一隅を照らしたい、キoア・ルーリー!

必殺技:アンリミテッドライト(体力回復、ステータス異常解消)

モチーフ:薬師瑠璃光如来

 

 

キoア・カノン(紫)

名前:厩戸ミミ

年齢:15歳、オリーブ中学三年生、生徒会長

性格:なんでもできて生徒からの人望も厚い、趣味は乗馬

両親:うどん工場を経営していて、直営うどんスタンド綾歌うどんを全国に出店している。村で一番のお金持ちである

変身の掛け声:聴こえる、みんなのささやきが、キoア・カノン!

必殺技:33チェンジ(なんにでも変身することができる)

モチーフ:観世音菩薩

 

 

キoア・フード(イエロー)

名前:縁野小角

年齢:15歳、オリーブ中学三年生、剣道部部長

性格:豪快な性格をしている。5人兄弟の長女で姉さん肌。とても遠くから徒歩で通っているので体力がある。

両親:山奥のサラスヴァティ―キャンプ場を経営している。

変身の掛け声:悪を滅ぼす聖なる炎!キoア・フード!

必殺技:アカラナータファイアー(剣を振り払うと炎が出てきて敵を薙ぎ払う)

モチーフ:不動明王

 

 

20話からの追加プリキo

oア・ジゾー(グリーン)

名前:行田基子(本名はギョーキ)

年齢:見た目は10歳だが、実は銀河パトロールから派遣された宇宙人

性格:心配性でドジなところがある

両親:特に描写はない。コクーゾーという上司がいるらしい。

参加の経緯:第89番札所の阿璃恵那井寺の大師堂で勝手に寝泊まりしていたが、見守り活動中のひろのの母親に見つかって、しょうゆ豆小学校に通うことになってしまった。天敵は児童相談所の不比等さん。

変身の掛け声:どこにいてもあなたを助ける!キoア・ジゾー!

必殺技:ジゾーフラッシュ(6体に分身することができる)

モチーフ:勝軍地蔵菩薩

 

 

マイトレーヤ女王

キンナラを地球に送り込んだ。宇宙のかなたのトソツ王国の君主。

闇の帝国ボンノーから宇宙を守るために戦っている。

ボンノー帝国にかけられた呪いのせいで寝ている。夢の中でまお達に指示を出してくる。

 

キンナラ
マイトレーヤ女王の部下、まお達に変身ブレスレッド(数珠)を渡した。
何故か播州弁でしゃべり、口が悪い。
ボンノー帝国の呪いで太った鳥の姿をしているが、実は美形らしい。
まおの家で飼われている。

 

 

カルラ
マイトレーヤ女王の部下、キンナラを追いかけてやってきた。
親友だと言っているが、どうもキンナラを見る目が怪しい。京都弁でしゃべる。
西アジア系のような見た目。実習生として農家でアルバイトをして暮らしている。

 

ボンノー帝国


キングボンノーに率いられる悪の帝国。
宇宙の彼方のムミョー星雲からやって来た。
人間にボンノーの種を植え付けて、魂の実を回収しようとしている。
魂の実を回収された人間は夢も希望もなくなり、無気力になってしまう。
魂の実は宇宙では高く売れるらしい。

ボンノー帝国はネットワーク上の帝国で、特定の本拠地などはない。
末端の構成員にはメールで工作の指示が送られてくる。
会議なども、コンピュータ画面のネット会議で行われる。
副業を行うのも自由、フレックスタイムで時間では管理されない完全な歩合制給与。

 

キングボンノー
ボンノー帝国の帝王。黒い大きな影のような姿をしている。
テレビ会議では常にSOUND ONLYでしか登場しない。
でも勢い余ってコンピュータの画面から黒い影や手が飛び出すこともある。
最終盤でその驚くべき正体が明らかになる。

 

ジャキ
男の子の子供の姿をした敵幹部。実際別の星から来た子供らしい。
へそ曲がりで、言われたことの反対ばかりやろうとする。
故郷の星では引きこもりだったが、ボンノー帝国からのメールを受け取ってから人生が変わった。
自分の星をボンノー帝国に染めてしまい、その功績で幹部となるが、そのことについて少し後悔しているらしい。
中盤でキoア・ジゾーが幼馴染を連れてきて…
語源:天邪鬼

 

トンジンチ
大きくて筋肉質な男性。怒りっぽい、信じやすいところがあり、よくジャキに利用されている。
危機に真面目に取り組まなかったために滅びた故郷の星に怒りを抱いてボンノー帝国に参加した。
一本気なキoア・フードに常に食って掛かってくる。
語源:貪瞋痴

 

シキーマ
スタイル抜群の妙齢な女性。要領が良い。村のお父さんやお兄さんを誘惑しようとする。
邪魔しようとして参加した盆踊り大会で優勝して、青年会にファンクラブができた。
村一番のくそ真面目な音平神社の若い神主と恋に落ち、終盤にはプリキoアの味方のような状態になってしまった。

最終回に神主と結婚して和三盆村に住み着いてしまう。
語源:色魔

 

腹黒伯爵
英国紳士のような身なりをした男性。背が高く、鼻眼鏡をしていて、シルクハットをかぶっている。第21話から登場する。
すぐに嘘をつく。でも頭が良くて不思議なメカを開発してまおたちを苦しめる。
しかし、どうやらボンノー帝国に潜入した銀河パトロールのスパイであるらしい。

 

ボンノージャー
ボンノーの種を植えられた人間が変身する。
悩みの原因となった相手を攻撃したり、壊そうとしたりする。
いじめられたペットが変身することもある。
まおのスカイオーシャントルネードに浄化されると、欲求不満が解消されたのかすっきりする。

 

第一話「私たちが変身!?ありえない!」

第二話「勘弁して!蕎麦に狙われた村」

第三話「やすらぎのキoア・カノン」

第四話「情熱全開キoア・フドー!」

第五話「マジヤバ!捨て身のトンジンチ」

第六話「親友カルラ現る!」

第七話「熱演マリンバ!乙女心は超ビミョー!」

第八話「プリキoア解散!ぶっちゃけ早すぎ!?」

第九話以降のタイトルも募集します。

タイトルは第21話から 「同行五人♡ビックニー・プリキoア」になります。

« 新型コロナウイルスと「ヒーリングっどプリキュア」 | トップページ | 同行四人♡ビックニー・プリキoア 周囲の人々 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

敵の設定も作ってください。
プリキoアは敵も魅力的でなければならないので。

おはようございます。

ボンノー帝国の設定を加えました。

佐伯まおちゃんが主役なので、ボンノー自体は悪くないことにしました。ボンノーを無くしてしまうと人間は無気力になる設定です。

ボンノー帝国はボンノーを暴走させて、生命力を奪おうとします。

マーラのような悪魔が人間を誘惑する方向も考えましたが、それはどっちかというとキリスト教的だと思いました。マーラやダイバダッタは幹部ではなくて、てこ入れで出す中ボスにします。

個人的にはシキーマの設定がお気に入りです。音平神社の神主を誘惑しようとしたら、あまりに真っ直ぐに答えてくるので、シキーマの方が恋に落ちてしまうという方向。

キングボンノーの正体はまだ考えていないので、何かアイデアがありましたらどうぞ。

マイトレーヤ女王とキングボンノーは夫婦だったとか。これだとスイートプリキュアネタですが。ついでにキoア・ジゾーが二人の娘とか。

Baatarismさん、こんにちは

敵の首領が実は家族というのもありですね。

そういえば、Baatarismさんがおすすめの映画はスイートプリキュアでしたっけ?
レンタルして鑑賞してみようと思います。

映画館もそろそろ再開でしょう。プリキュア以外にも見たいアニメの映画がたまっていますので楽しみです。

僕のお勧めはその一つ前のハートキャッチプリキュアです。
本編も映画も高評価。プリキュアの頂点の一つと言って良い作品です。

春の映画ですか?秋の映画ですか?

秋の方です。

ハートキャッチプリキュアは、おじゃ魔女ドレミで有名な、馬越先生がキャラクターデザインをされた作品ですね。

ハートキャッチプリキュアの秋アニメを見ました。

世界遺産を思いっきり破壊していました。さすがプリキュア、外道には容赦ありませんでした。

パリの描写は2009年に公開されたココシャネルの伝記映画をなぞっていたように思います。フランスは日本アニメのファンが多いから、向こうでも受けたのではないかと思います。

映画は舞台劇のような演出がハイセンスな感じがしました。
これ公開当時はプリキュアらしからぬ斬新なつくりに観客は驚いたのではなかろうかと思います。

Baatarismさんが評価されるのは最もと思いました。

しかし、藤原啓治さんのあの演技がもう聴けないのかと思うと、少し寂しかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型コロナウイルスと「ヒーリングっどプリキュア」 | トップページ | 同行四人♡ビックニー・プリキoア 周囲の人々 »