2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 蒲田の稗田神社 | トップページ | 柴又八幡神社古墳と飛鳥 »

2020年9月19日 (土)

大井氏と古代の荏原

品川区と大田区の郷土史料を調べるにつれて、大井町から蒲田にかけての荏原郡海岸部に、古代豪族の紀氏が残した痕跡が浮かび上がってきました。

 

Oi01

大井町駅、品川区の中心部で区役所の最寄り駅(品川駅は港区です)

この地域にはかつて大井氏という御家人がいました。分家に品川氏(品河氏)がいます。「品川区史」によると、大井氏は国衙領(朝廷の管理地)を管理する豪族でした。元暦元年(1184)に武蔵国が源頼朝の知行国になり、品川清実が源頼朝から雑公事を免除されています。品川氏は私有地の税金を免除されたわけで、ここから品川氏が荏原郡の中で有力な御家人であったことが分かるのです。

大井氏は武士の中では珍しく古代豪族の紀氏を称していました。紀氏は神話では武内宿禰に始祖とします。一族からは菅原道真と同時代に生きて学者として名を成した中納言紀長谷雄、「土佐日記」の作者である紀貫之、「古今和歌集」の撰者である紀友則を出しています。各氏族の系図を集めた「尊卑文脈」には、荏原郡の大井氏が紀氏の一派として収録されています。

紀長谷雄(中納言)-(六代)ー紀守澄(摂津守)ー大井実直(国衙役人)ー大井実春(六郷保の領主)

大井実春は御家人として「吾妻鏡」に登場します。源頼朝の命令で伊勢・伊賀に攻め込み、奥州藤原氏との戦いにも従軍しています。

 

薩摩(鹿児島県)にも大井氏がいて、荏原郡の大井氏の子孫を称しています。「品川区史」は薩摩大井氏に伝わる系図と尊卑文脈を比較しています。大井系図では実春の直接の祖先は紀長谷雄ではなく、紀国守となっています。薩摩大井氏系図では大井実直の時に初めて武蔵に住むと書いてあり、そこから大井氏は院政期の後半に荏原郡に土着したのであろうと、「品川区史」は推測しています。

しかし我々は紀氏がもっと古くから荏原郡に痕跡を残しているのを知っています。蒲田の稗田神社です。稗田神社の御祭神に荒木田襲津彦がいることはすでに触れました。これは応神天皇の将軍として新羅と戦った葛城襲津彦に名前が酷似しています。さらに葛城襲津彦の母を荒木氏としている系図もあります。一見誤伝に見えるこの名前も、古い伝承を継承した紀氏が蒲田に住みついていて、何らかの伝承を受け継いでいたと考えれば辻褄があいます。

Hieta04

稗田神社の縁起

大井町も古くからある地名です。初出は延喜式の大井駅です。平安時代前期の東海道は相模国府(厚木市・海老名市)から町田市町屋あたりの店屋駅(「まちや」と読みます)で北と東に分岐。北に向かう道は府中市の武蔵国府へ向かい、東に向かう道は大井駅に至るとされていました。大井駅から豊島駅(豊島区)そして下総国府(市川市)へと進みます。

大井町の地名はさらに昔からあった可能性もあります。六世紀初めにあったとされる武蔵国造の乱で、大和朝廷の力を借りて内紛に勝利した笠原直使主(かさはらのあたいおみ)は、朝廷に四つの屯倉を差し出しました。屯倉とは朝廷に納める税金を保管する倉のことで、朝廷の直轄領であることを指します。その四つの屯倉とは横渟屯倉(よこい:埼玉県比企郡吉見町か?)、橘花屯倉(たちばな:武蔵国橘樹郡で現在の川崎市をと重なる地域)、倉<木巣>屯倉(くらす:倉木の誤記とみて武蔵国久良岐郡、大体横浜市南東部)、多氷屯倉でした。

多氷は通説では多末の誤記と考え、多摩郡のことだろうとしています。しかし、よこい、たちばな、くらす、はいずれも訓読みなのに、ここだけ音読みにするのもおかしな話です。しかも橘樹と久良岐は武蔵国南西部の東京湾沿いですから、ここは多氷を素直に訓読みして「おおひ」で大井町付近とみなすべきではないかと私は考えます。

横渟屯倉も吉見とはだいぶ音がずれていますので、埼玉県西部ではなくてあるいは武蔵国南西部にふさわしい土地があるかもしれません。

 

大田区にはもっと明白な紀氏の痕跡があります。大森神社(寄来明神)です。京急平和島駅付近にあります。御祭神は久久能智命といいます。この神様は伊耶那岐命と伊耶那美命の御子で、紀伊国に天下りしたと言われています。大山祇神と共に生まれており、木の神様とされています。大森神社は戦国時代の天正年間の創建と伝わっています。しかしもっと古い可能性も捨てきれません。寄来明神という別名も、遠くから技術を持った人たちが移住してきたことを示唆する名前なのかもしれません。

 

Omori

大森神社、京急平和島駅から徒歩5分くらいです。

 

大井氏の系図に話を戻します。私が推測する経緯はこうです。古代に紀氏が荏原郡に移住しました。多氷屯倉ができた時に官人として派遣されて、そのまま土着したのかもしれません。彼らは葛城襲津彦に関する古い伝承を保持していました。やがて蒲田に先住する人たちと融合していったのでしょう。そして稗田神社を作りました。延喜式にも記録されます。

そのうちに荏原郡の紀氏から武士が誕生します。しかし古代の紀氏の末裔を称しても誰も相手にしてくれませんし、実益もありません。そこで院政期の紀氏に接ぎ木するような形で系図を作った。それが尊卑文脈や薩摩大井氏に残る大井氏の系図なのでしょう。

 

他にも紀氏と八幡信仰は深いかかわりがあるのです。山城国男山に石清水八幡宮を創建した行教という僧侶は紀氏の出身です。紀氏と清和源氏と八幡信仰の間には密接な関わりがありそうですね。

 

このように、古代の荏原郡は朝廷と密接なつながりを持っていたことは重層的に裏付けられました。そのキーとなるのは海運でしょう。品川湊や六郷川(多摩川)の水運は、古代からかなり活発であったことが推測可能です。どうやら八幡信仰がキーになりそうです。

 

追記

この文章を書いた後、地元の図書館で大森の伝承を集めた本「大森山王と周辺の歴史を探る」を見つけました。それによると、山王を含めた大井郷は、延暦三年(784)に中納言石川豊人が武蔵国国司として下向して、大森に住んだ際に、守護職として国司の身辺を守った人たちが住んでいたのだそうです。その末裔が大井氏であるそうです。

 

Iwai02

大森の磐井神社、御祭神は応神天皇、仲哀天皇、神功皇后、姫大神に加えて出雲系の大己貴命

延暦年間に石川豊人がもたらしたという石がご神体。

 

この大井氏は元々は武蔵国入間郷(現埼玉県)を本拠とする村山党であったが、大井に住んだのでそれを姓としたと伝承にはあるそうです。

そして大井一族は承久年間(1220年頃)に、幕府から伊勢に領地をもらって移住し、大森には梶原家が地頭として入部したとありました。この梶原家は梶原景時と同じ一族なのだそうです。初代地頭は梶原景望、景俊、景氏、基景、経祐と地頭職を継いでいき、梶原経祐の代に足利方につきました。梶原景望から数えて11代目の信景が後北条氏に負けて臣従したとのことです。鹿島谷には梶原景時の墓もあるとしています。

 

Kajiwara02

大井町の梶原稲荷、大森鹿島神社の裏手当たり



とこのように、大井氏と梶原氏について詳細な伝承が記録してありました。とても興味深い内容です。

磐井神社、大森神社等には出雲系の神様も祭られていて、これが従来は謎とされていました。研究者によっては、武蔵国北部では出雲系の神社が卓越することから、出雲系の神様が荏原郡でも先行する神様で、八幡神は平安時代後期に源氏によってもたらされたとする人もいます。

入間市がある狭山丘陵には現在でも多数の出雲系神社があります。古い古墳も多いです。武蔵国造発祥の地ともいわれています。大井氏がそこから大森に入部したのだとすると、大森に出雲系の神様が祀られていることが上手く説明できます。大井氏が出雲系の神様を大森に持ち込んだのです。

その時に八幡神(誉田別命)が既に荏原にいたのかどうかはこの伝承だけではわかりませんが、私としては荏原郡では八幡神が古代から先行する信仰だったのではないかと考えています。これについては、追ってご説明します。

« 蒲田の稗田神社 | トップページ | 柴又八幡神社古墳と飛鳥 »

コメント

いつも楽しく拝見しています。
意外なところで海運業と関わりがあるという視点は面白いですね。
海は浮力が働くので多くの人員や物資を運ぶことができます。
そしてそこから陸への展開を考えなくてはなりません。
これに関わっていたということであれば、
兵站と情報網について理解があったということになるでしょう。
自分でもさらに調べてみようと思いました。
きっかけを与えてくださって有難うございます。それでは。

いつもありがとうございます。

お米を運ばなければいけませんでしたから。毎日大量のお米が全国を行き交っていたわけで、船でないとどうにもなりません。

高瀬船は百石運べたそうです。

木材も必要でした。木材は水に浮かせれば運送するのはものすごく楽になります。

関東地方は昔から水運が盛んな土地でした。平家物語は坂東武士=騎馬武者というステレオタイプにはまっています。あまり関東を知らない人が作ったのでしょう。

吾妻鏡もなぜか舟運はネグっています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蒲田の稗田神社 | トップページ | 柴又八幡神社古墳と飛鳥 »