2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 柴又八幡神社古墳と飛鳥 | トップページ | 古墳はくじら? »

2020年10月 3日 (土)

船橋大神宮と伊勢神宮の戦略

次に柴又から南下して小岩に至りました。JR総武線小岩駅の南に小岩神社があります。この神社は元々はもっと南の行徳にあったらしいです。今の江戸川区に当たる地域は、御家人葛西氏(豊島氏)の所領でした。院政期に葛西清重が伊勢神宮に領地を寄進し、葛西氏が本所(荘園の管理人、実質的な領主)となりました。この伊勢神宮の荘園を葛西御厨(かさいみくりや)と言います。

そのためか、小岩・行徳・浦安には豊受神社が多く分布しています。葛西御厨の領家(名目上の領主)になったのは伊勢神宮禰宜の度会氏です。度会氏は中世に外宮に祀られている豊受大神を重視する伊勢神道(度会神道)を広めました。

葛西氏が伊勢神宮に所領を寄進した理由は明らかではありません。しかしこれまでに見てきたように、下総国では古代から豊受大神が信仰されていた形跡があります(大佐倉の麻賀多神社)。下総国の豪族である葛西氏は、豊受大神を重視する度会神道に同調したのかもしれません。

 

小岩神社に祀らているのは天照大神、住吉大神、天児屋根大神、八幡大菩薩、衣通姫です。天照大神は伊勢神宮、住吉大神と八幡大菩薩は八幡神社の神様、天児屋根大神は中臣氏の祖神ですから、ここまでは蒲田の稗田神社と同じ組み合わせです。

衣通姫は関東では珍しいです。応神王朝の伝説に残る美女です。和歌山市の玉津島神社に稚日女尊とともに祀られています。あれ?そういえば稚日女尊は麻賀多神社では豊受大神の母親(推定)だったはずです。葛西御厨の成立には、下総国の古い信仰が関わっていそうですね。

小岩神社は戦国時代には五社大明神と呼ばれていたので、この五柱のセットはそのころには成立していたとみられます。

 

江戸川を渡ると千葉県市川市に入ります。ここには下総国府がありました。国府台(こうのだい)という駅があります。これは国府があった跡、もしくは鴻野(こうの)であり、日本武尊を祭った大鳥神社(鴻神社)があったからついた地名ともいわれています。船橋や市川には日本武尊の伝説が残っているので、大鳥神社説が有力であるそうです。

市川市には関東地方で最大級の八幡神社である葛飾八幡神社があります。寛平年間に宇多天皇の勅願により、下総国総鎮守八幡宮として鎮座したと言われています。宇多天皇が作った八幡神社という伝承は下総・武蔵に他にも数か所あり、なんらかの史実が反映しているようです。あるいは後世に関東に土着した宇多源氏が広めたのかもしれません。葛飾八幡は、源頼朝から篤く信仰されました。

Katsushikahachimannmon

葛飾八幡神社の随神門。神仏混合時代には仁王門でした。

Katsushikahachimann

参道から本殿を臨む。

 

総武線を挟んで南側には八幡の藪知らずがあります。これはかつて葛飾八幡は壮大な鎮守の杜を所有していて、一度迷い込むと二度と出ることはできなかったからと言われています。あるいは日本武尊がこの地に陣を敷いたともいわれています。八幡の藪知らずには平将門の家臣が眠っているという伝説もあります。葛西氏は秩父平氏で、秩父平氏には平将門の血が流れていますので、そのつながりでそのような伝説ができたのかもしれません。

もう一つ、葛飾八幡神社の特徴は、誉田別命、神功皇后と並んで玉依姫が祀られていることです。玉依姫は鸕鶿草葺不合尊(うがやふきあへずのみこと)を乳母として育てて、そして妻となり、神武天皇を産んだとされています。上総一ノ宮にも祀られています。鸕鶿草葺不合尊はほとんど伝承が残っていない謎の人物(神様?)なのですが、もしかしたら東国の神様なのかもしれないと思いました。

 

さらに東に進んで船橋には船橋大神宮があります。天照大神をお祭りする神社としては、関東では最大最古です。景行天皇の四十年に日本武尊が日照りに苦しむ住民を救うために神鏡を祭ったのがはじめと言われています。元の名前は意富比神社(おほひじんじゃ)でした。

史料上も関東地方最古級で、「日本三代実録」に貞観五年(863)下総国従五位下意富比神社に正五位下を授くとあり、貞観十六年には従四位下に昇せたとあります。延長五年(927)に編纂された延喜式にも意富比神社として記されています。

意富比の意味については定説はありませんが、大炊で食物神を祀った、大日で太陽神を表すのだろうという説があります。天照大神の別名ともいわれている大日霊貴(おおひるめのむち)を表しているのかもしれません。

下総国東部の印旛郡には稚日女尊(わかひるめ)が祀られています。これが東だから朝日の神様なのでしょう。西側の葛飾郡に大日霊貴(おおひるめ)が祀られているのはバランスが良いです。これは夕日の神様でしょう。

 

船橋大神宮の由緒書きによると、船橋には12世紀に夏見御厨という伊勢神宮の荘園が置かれているそうです。葛西御厨が成立したのと同じころです。この時期は伊勢神宮の度会氏が神仏混淆の本地垂迹説に対抗して、豊受大神を最高神とする伊勢神道を編み出した時期に当たります。朝廷が弱体化し、神社やお寺も経済的な自立が求められた時代に、伊勢神宮も日本全国に残る太陽信仰を研究し、組織化できそうな豪族の信仰を取り入れようと活発に動いていたのかもしれません。

« 柴又八幡神社古墳と飛鳥 | トップページ | 古墳はくじら? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 柴又八幡神社古墳と飛鳥 | トップページ | 古墳はくじら? »