2017年8月 6日 (日)

世論調査の回答率(3社比較)

NHK 朝日新聞 日経新聞+テレビ東京 の世論調査の回答率を1枚のグラフで比較します。

続きを読む "世論調査の回答率(3社比較)" »

世論調査の回答率(日経新聞+テレビ東京)

日経新聞とテレビ東京も共同で月例世論調査をしています。調査会社は日経リサーチです。
 
私は日経電子版の有料会員になっているので、過去記事検索サービスを利用して2016年1月からトレースしました。

続きを読む "世論調査の回答率(日経新聞+テレビ東京)" »

世論調査の回答率(朝日新聞)

朝日新聞の本社世論調査の回答率です。とりあえず近所の図書館に縮尺版があった2016年以降のデータを掲載します。

続きを読む "世論調査の回答率(朝日新聞)" »

世論調査の回答率(NHK)

最近世論調査が巷の話題になっているようなので、世論調査の回答率を調べてみることにしました。
 
回答率とは、電話をかけたり、アンケート用紙を郵送して、調査対象から返事が返ってきた比率です。普通社会的調査だと60%以上あると言われています。国民が調査側をどれだけ信用しているかの目安になります。
 
NHKは世論調査のアーカイブがネット上にあり、すぐに回答率が調べられるので、まとめてみました。

続きを読む "世論調査の回答率(NHK)" »

2014年9月28日 (日)

日本特殊論をやめよう

社会の停滞でよく出てくる日本人は特殊だからという日本人論。これはただ単に社会で指導的立場に立つべき人たちに知恵がないことを、日本人みんなのせいにしてごまかしているに過ぎないのではと思うようになった。今問題となっているさまざまなことにも解決策はあるし、手順さえ踏めば日本人にも実行できることばかり。

続きを読む "日本特殊論をやめよう" »

2014年9月21日 (日)

国際公約を解除してくれたんだから・・・

我らが麻生財務大臣がG20で、他の参加国から日本の景気腰折れを懸念するというお言葉をちょうだいしてきた。

 
要するに、消費税増税は国際公約といって安倍政権が更なる増税で日本をデフレスパイラルに落とそうとしているので、菅総理が頂戴してきたこくさいこーやくなるものを、皆さんが気を使って解除してくれたということ。
 
ていうか財政は内政なんだからそれを国際公約を縦に国内に押し付けようとするのがおかしいし、別にG20だって菅総理に消費税の増税を約束させたとは露ほども思っていないだろう。
 
こくさいこーやくとやらはこれで解除されたんだから、まずは消費税増税を延期してデフレからの回復に専念しましょう。いうなればデフレからの回復こそが国際公約になったのです。

続きを読む "国際公約を解除してくれたんだから・・・" »

2014年8月 3日 (日)

2014年度のマイナス成長が確定

 各研究機関による4−6月期の実質GDP成長率の予測が出たが、平均して前期比でマイナス2%であった。7-3月の9ヶ月間で2%以上成長しなければ2014年度の経済成長率はプラスにはならない。

 
 この10年間の日本の成長率は平均して1.5%くらい。今年は政府は経済対策はそれほど打っていないので、成長率の上乗せは期待できない。2014年度の経済成長率はマイナス1.0〜マイナス0.5%くらいだろう。
 
 マイナス成長の原因はもちろん消費税増税である。これにより消費者が消費を抑えているのだ。消費が伸びない状態で企業は投資を決断しない。だから企業部門の成長も期待できない。海外の需要はあまり伸びていないので輸出も成長は期待できない。
 
 政府の財政基盤を強化することにより、国民の将来に対する安心感を与えるという考えは基本的に誤ってはいない。2013〜2015年の3年計画でプラス成長路線に戻すという計画ならばそれでも良かろう。問題は2015年10月の消費税の更なる引き上げは絶対に阻止しなければならないこと。
 
 2014年4−6月のマイナス2%成長から立ち直り、国内総生産が2014年1−3月の水準まで戻るのが2015年10月頃である。ここで消費増税をすると、2015年10−12月期は再びマイナス1.5%くらいのGDP成長率になる。
 
 2014年1−3月が100であったとすると、4−6月で98になった。これが2015年1−3月で99.2くらいまで戻る。2015年7−9月に100になるだろう。ここで消費増税すると2015年10−12月は98.5くらいになる。2016年1−3月は98.8くらいだろう。2015年度はマイナス0.5〜0%成長だ。
 
 結果として2015年度もマイナス成長になる。1年くらいのマイナス成長には日本は耐えられるかもしれないが、2年連続では再びデフレスパイラルに逆戻りする。
 
 2015年の消費税増税は絶対に取りやめである。2016年の衆参同日選挙で自民党が消滅しても良いというのなら話は別だが。まあ、連続して消費税を引き上げて、デフレスパイラルに逆戻りするような愚かな政党は消滅しても別に構わないけど。

2014年6月26日 (木)

国家安康、君臣豊楽

米国が在米中国大使館の住所を民主活動家の名前にちなみ劉暁波プラザと改称するそうな。方広寺の時鐘を思い出した。これは名案だ、日本も朝鮮総連の住所を伊藤博文一丁目とか、大字横田恵にしてはいかがか?

 

そして中国も負けずに、在中米大使館の住所をリトルビッグホーン、もしくはイソロクにしよう。

2014年5月25日 (日)

STAP細胞よりもたちの悪いでっち上げがたくさんある

小保方チームのSTAP細胞形成実験はデタラメであったが、生物学にはもっと恐るべきデタラメがまかり通っている。プリオン病原体説だ。これでノーベル医学賞を取ったプルシナーの実験は複雑怪奇で、なおかつ彼の実験室でしか再現できていない実験もある。彼は小保方のスケールを大きくしたペテン士だ。

 
タンパク質が消化されずに脳に入り込み、その脳の中で酵素でもないのに他のタンパク質に化学変化を起こすなんてことができるのだろうか?プリオン病原体説が出た時から私は疑問に思っていた。通常、人間の消化管はプリオンのような大きなタンパク質を吸収できないし、熱や電気のような外部エネルギー無しにタンパク質がひとりでに化学変化を起こすことはない。そんなことが起きたらこの世はひとりでに湧き出てきたタンパク質で埋め尽くされるだろう。
 
生物学が専門でない私でも、科学の基本的な法則を思い浮かべるだけでこのプリオン病原体説がおかしいことは分かる。ネットで検索してみたら同じような疑問を感じている人がいるようだ。

 
病理学の基本に戻り、ウイルスか菌類が原因で、プリオンはその痕跡と考えるべきではないか?クールー病もスクレイピーも当初はウイルスが病原とされていた。クールー病を起こすウイルスはとりわけ小さいとか、数が少ないとか、宿主が死にかけたら患部から脱出する等の理由があって、脳から発見できないだけかもしれないではないか。
 
二酸化炭素温暖化起源説、プリオン病原体説、インフレーション理論(ビッグバン理論)、STAP細胞等々、ここ20年くらい衒学的なおかしな学説がはびこっている。これらの学説は大学1、2年生で習うような基本的な科学法則に反しているのだが、IQが異様に高い教祖的人間(しかも自然保護運動家とか身体障害者とか女性とか反論をしにくい人であることが多い)が、複雑怪奇な理論と、再現不能な奇怪な実験データで周囲を煙に巻き、話題性からメディアが支援して反論不能になり、国家や大企業がそれを商業化というパターンまで共通している。
 
活断層地震原因説も似たような物だ。地震の被害と活断層の位置が一致しないことは昔から言われていた。活断層があるということは地震活動があったと言うことしか意味しない。活断層さえ避ければ大丈夫なんて誰も言えない。明日どこにも断層がないところが揺れて、新しい地殻のひび割れができるかもしれない。なにしろ東日本大震災以降、これまで新生代になってからはずっと安定していて活断層がないとされてきた茨城県北部で地震が頻発しているのだ。今まで一万年以上動いていないことになっていた断層が活断層になってしまった。
 
これも建築物の安全基準を作りたかった国土交通省が、分かりやすい活断層に飛びついてしまったのが原因だ。
 
科学者にはもう一度襟を正し、いくら弁が立つ人間が提唱していようとも、科学的におかしいことはおかしいと反論する勇気を持ってほしい。

2014年5月11日 (日)

1998年以降温暖化は中断状態

日経新聞より引用
 
 今夏、エルニーニョ傾向への転換が起きれば、地球温暖化の進み方も変わるかもしれない。人間活動で世界の平均気温が上がっているとされるが、97~98年のエルニーニョ後のラニーニャ発生と歩調を合わせるように上昇にブレーキがかかった。現在に至るまで温暖化が止まったように見え、この現象は「ハイエイタス」(中断という意味のラテン語)と呼ばれている。
 
 東京大学の渡部雅浩准教授はハイエイタスの原因を、地球の受け取る熱が太平洋の深層に蓄積されやすい状態になっているためとみる。海がより多くの熱を吸収するので大気の温められ方が弱く、気温上昇が抑えられる。背景には太平洋の大規模な水温分布の変動などがあるという。
 
 もし、強いエルニーニョが一つのきっかけとなってこの状態が崩れ、大気がもっと温められやすくなればハイエイタスは終わり、温暖化が加速する可能性がある。予測は難しいが、大気の流れに変調をきたし、世界各地で豪雨や竜巻、干ばつなどの頻発を招いて気象災害が増える恐れもある。
 
 
これは今年最大級のエルニーニョ現象が起きそうだという記事の一部です。
 
この記事には驚くべきことが書かれています。「97~98年のエルニーニョ後のラニーニャ発生と歩調を合わせるように上昇にブレーキがかかった。現在に至るまで温暖化が止まったように見え、」つまり98年から今年まで16年間、温暖化は中断していたと言っているのです。
 
さらに2年くらい前から寒冷化の徴候が見えています。冬の寒さは厳しくなり、夏の暑さは収まっています。今年はエルニーニョにより東アジアは冷夏になる可能性があります。
 
16年間温暖化が止まり、さらにこれから寒冷化する。もはや温暖化という現象自体が間違いであったと言わざるを得ません。
 
今年冷夏になったら今度はどう説明するのでしょうか、一時的な寒の戻りとでも言うのでしょうか。1998年は京都会議で温室効果ガス削減条約が結ばれた年です。その年以降、欧州と日本の人達は不必要な省エネを強いられ、両地域の経済発展は阻害されました。
 
京都会議にて欧州と日本に多大な迷惑をかけた気象科学者と国連職員たちを取り調べるべきです。
 
オモカタ女史の捏造なんか可愛い物だ。ありゃまだ仮説の段階だから何を言ったって構わないが、地球温暖化は仮説の段階に過ぎないのに、これを提唱する学者たちは政治力を使って反対意見を封じてきた。そして欧州と日本の人々に多大な負担を強い、経済発展を止め、欧州と日本の国際的地位を失墜させた。戦犯並の罪である。

より以前の記事一覧

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ